« のんびりな週末 | トップページ | 『ポセイドン』先行上映 »

2006年5月28日 (日)

『明日の記憶』

渡辺謙がアメリカ滞在中にたまたま手に取った原作に感動し、作者 萩原浩に直接映画化を訴えた作品。
40−50歳代に発症する「若年性アルツハイマー病」に苦しみながらも生きていこうとする夫と、その旦那の傍らにずっと寄り添って生きていく妻の話である。

渡辺謙自身、「白血病」に苦しみ闘病生活の末に還ってきた男である。
その彼がこれまで封印していた当時の思いや苦しみを、本作品という形で表現したのではないかと感じられた。

働き盛りの男性が、突然の「若年性アルツハイマー病」に戸惑い、苦しみ、怒り、しかし徐々にその症状は進行し、やがて全ての思い出を失ってしまう。
その感情の機微を、見事に演じきっている。

そして、妻役の樋口可南子が、患者の家族として、妻としての苦しみを代弁しているようだった。
夫が全ての思い出を失ったときのショックが伝わってくるようだ。

本作品は、「おもしろかった」とか「感動した」とかいう感想では伝わらないだろう。
是非、劇場に足を運んで頂きたい。

ワタシは、恥ずかしながら映画館で原作を購入しました。
原作を読んだ上で、もう一度映画館に足を運んでみようと思う。

« のんびりな週末 | トップページ | 『ポセイドン』先行上映 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まっきいさま
当方にもTB&コメントありがとうございました。
「明日の記憶」、夫婦を描いた、心を揺さぶられる邦画としては、「半落ち」以来のいい作品だったと思います。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/10276076

この記事へのトラックバック一覧です: 『明日の記憶』:

» 『明日の記憶』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『明日の記憶』鑑賞レビュー! Asita no kioku 俺が変わってしまっても 俺が俺じゃなくなっても平気なのか 私がいます。私がずっと そばにいます 思い出のすべてを、あなたへ託す。 製作年▶2006年 製作国▶日本 公開日▶2006年5月13日 全国ロードショー 上映時間▶123min(2時間3分) 配給▶東映 ★スタッフ★ 監督▶堤幸彦 原作▶荻原浩 脚本▶砂本量、三浦有為子 エグゼクティブプロデューサー... [続きを読む]

» 明日の記憶 [Tany&wife's blog from 新浦安]
イクピアリの「モンスーンカフェ」で食事したあと、シネマイクスピアリで「明日の記憶」を観ました。 [続きを読む]

» 明日の記憶/堤幸彦 [文学な?ブログ]
人が存在する理由、それは必要だと言ってくれる人がいるからだと思います。この映画は、若年性アルツハイマーに犯された佐伯雅行という人物(渡辺謙)が、妻(樋口可南子)に支えられながら、病気を受容して生きて行こうとする姿を描いた物語です。 広告代理店の第一線で働いていた最中、そこを退くことを余儀なくされた雅行。娘の結婚式では、そのことを正気な状態で味わうことができる幸せが伝わり、主人公らとともに思わず涙してしまいました。また、会社を去って行くとき、かつての仲間や取引先から惜しみない言葉を送られます。自... [続きを読む]

« のんびりな週末 | トップページ | 『ポセイドン』先行上映 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ