« 博物館三昧、その弐『リューバ』 | トップページ | 田舎沢庵 »

2008年1月16日 (水)

博物館三昧、その参『大ロボット博』

最後は上野のおなじみ『国立科学博物館』です。

『大ロボット博』として、鉄腕アトムやマジンガーZ、ガンダムなどから、実際に活躍している工業用ロボット、ホンダのASIMO、千葉工業大の災害ロボット、そして「愛・地球博」で発表された押井守がデザインしたロボットなどが、所狭しと並んでいました。

アトムを生み出した手塚治虫先生の紹介もあり、日本人のロボットに対する考え方も考察してました。
やはり、からくり人形に端を発しているようです。

入場してすぐにガンダムのプラモデルや、マジンガーZなどの超合金が並び、ガンダムのMGモデルがNo.001から100まで計百体が揃っているのは圧巻です。

そしてASIMOなどの最新ロボットの実演もまた圧巻されます。
ASIMOが走ったのを見て、思わず「早っ!」って言っちゃったもの。

いつの日にかアトムは生まれるでしょうか?
ガンダムに乗れる日がくるのでしょうか?
いずれにしても、ロボットの研究はもっと進歩するでしょう。

今日は久々のお休みでしたが、肉体的には休みになりませんでした。

明日からしばらく休日出勤も続くので、カラダはつらいよなぁ。

« 博物館三昧、その弐『リューバ』 | トップページ | 田舎沢庵 »

「サイエンス」カテゴリの記事

漫画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/17718344

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館三昧、その参『大ロボット博』:

« 博物館三昧、その弐『リューバ』 | トップページ | 田舎沢庵 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ