« 緒形拳 死去 | トップページ | またまた快挙! ノーベル化学賞 »

2008年10月 8日 (水)

快挙!

昨晩、号外まで出たこのニュース。

『ノーベル物理学賞 日本人3人受賞』

久々に日本人がノーベル賞を受賞したことだけでもニュースなのに、まさか一挙に3人も受賞するとは。

シカゴ大名誉教授の南部陽一郎氏、高エネルギー加速器研究機構の小林誠氏と京都産業大教授の益川敏英氏の3人。

今回の物理学賞の受賞理由は、素粒子理論における「対称性の破れ」というもので、素粒子の世界で性質は変わらないという常識が通用しないことらしい。

yahoo!ニュース(毎日新聞)によると、

「皿の両脇に左右対称に並んだナイフとフォークを、誰かが右側から取れば、他の客も右側から取ることで、対称性が破れてしまう」

ということだそうだ。

この理論のおかげで、素粒子の一種「クォーク」が6種類あることが予測され、近年実験にて証明されている。

未だに教科書レベルでは「クォーク」を取り上げることは乏しいのだが、今回の大ニュースで子供たちの理科離れを防げる方向に進めれば...

« 緒形拳 死去 | トップページ | またまた快挙! ノーベル化学賞 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/42721526

この記事へのトラックバック一覧です: 快挙!:

« 緒形拳 死去 | トップページ | またまた快挙! ノーベル化学賞 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ