« 『私は貝になりたい』 | トップページ | 『K-20 怪人二十面相・伝 』 »

2008年12月24日 (水)

『青い鳥』

いじめによる自殺未遂があり、心労で倒れた担任の代わりの臨時教員村内(阿部寛)。

村内は自殺未遂し転校した生徒野口の机を教室に戻し、
「忘れるなんて卑怯だな」
とまわりの生徒たちに言い放つ。

村内は吃音のため話すことが苦手だが、だからこそ真実を語ると言い、毎朝机に向かって「野口くん、おはよう」と言い続ける。


生徒たちには動揺が広がり、学校や保護者にも波紋が広がる。


しかし村内の「野口くんのことは忘れてはいけない。それは君たちの責任だ」という姿勢に少しずつ生徒たちも変わっていく。

ワタシもこの仕事をして、苦い経験をいくつかしてきました。
忘れてはいけないことを忘れてしまっていた気がしています。

それこそ卑怯ですよね。
忘れてはいけないことこそ胸に抱えて、生きていかなければならないと、本作を見て改めて感じました。

物凄く考えさせられる作品でした。

« 『私は貝になりたい』 | トップページ | 『K-20 怪人二十面相・伝 』 »

「教育」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/43518865

この記事へのトラックバック一覧です: 『青い鳥』:

« 『私は貝になりたい』 | トップページ | 『K-20 怪人二十面相・伝 』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ