« 『大恐竜展 知られざる南半球の支配者』 | トップページ | バカだねぇ チョナンカンタイーホ »

2009年4月19日 (日)

『国宝 阿修羅展』

『国宝 阿修羅展』
遅くなりましたが、『国宝 阿修羅展』のレポです。

奈良の興福寺にある阿修羅像が数十年ぶりに東京に来ました。
会場は国立博物館。

先のブログに書いたように、『恐竜博』のついでに行ってきましたが、こちらの方が混んでいて、入場に30分待ち。
年配の方々が多く、会場に入ってからも大混雑でした。

どうせパンフを買うからと、余りじっくりと見なかったものの、美しい装飾品や仏像の数々に、ひたすら圧倒されました。

そして目的の「阿修羅像」ですが、思ったより小さいのが、逆にビックリ。
阿修羅像を360度観ることかできるので、何回もグルグル回りながら見てました。

三面の顔は雰囲気がどれも異なり、そこに魂が宿っているように感じました。

また阿修羅像をはじめとする仏像は真鍮や銅ではなく、土や紙などを重ねて作っているとか。
おかげで興福寺の火事がある度に、僧達が外に運び出せたらしい。
これもビックリでした。

ワタシが見た数日後に、阿修羅像の運搬作戦が新聞記事になっており、改めて国宝を見られて良かったと思った。

『恐竜博』も『阿修羅像』も共に6月ぐらいまでやってます。
是非両方を見に行って下さい。

ちなみに、海洋堂製作の阿修羅像フィギュアは売り切れで、予約・宅配になってました。
(買う気はありませんが)

あと、常設展は教科書などで見たことあるようなものばかりで、凄かったです。
こちらも見に行ってみてはいかがでしょうか。

« 『大恐竜展 知られざる南半球の支配者』 | トップページ | バカだねぇ チョナンカンタイーホ »

「サイエンス」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/44721257

この記事へのトラックバック一覧です: 『国宝 阿修羅展』:

« 『大恐竜展 知られざる南半球の支配者』 | トップページ | バカだねぇ チョナンカンタイーホ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ