« 『剣岳 点の記』 | トップページ | 『恐竜2009 砂漠の奇跡!!』 »

2009年7月26日 (日)

『アマルフィ 女神の報酬』

イタリアでのテロ予告の情報を聞き、ローマに降り立つ外交官 黒田(織田裕二)。
そんな中、ひとりの日本人少女が疾走し、赴任間もない黒田が通訳として赴くと、母親(天海祐希)の携帯にかかってきた誘拐犯からの電話を"父親"として受けたために、誘拐事件に巻き込まれてしまう。

犯人との交渉で、様々な観光地をまわらされた挙げ句、イタリア警察のミスで取引に失敗する。
イタリア警察と黒田に対し、母親も不信感を抱いてしまう。

一向に進展しない捜査に独断行動する黒田は、次第に大使館でも孤立する。

誘拐事件はイタリア全土を襲う大規模連鎖テロへと発展する。
様々な思惑の中、黒田は事件の鍵がイタリア南部の美しい港町アマルフィにあることを突き止める。

------

この作品、もの凄く面白い!

テロの目的はイタリア大統領なのか?それとも日本の外相なのか。
犯人の目的は何なのか?そして犯人は誰なのか?

二転三転するストーリーに結末の予測がつかない。

さらに、日本初のオールイタリアロケ。
普段なら撮影も許されないような観光地を使ったロケは素晴らしいとしか言えない。

サンタンジェロ城、スペイン階段、カピトリーニ美術館、カゼルタ宮殿、そしてアマルフィ海岸。

ワタシでも知ってる場所が結構出てきて、それだけでも満足。
イタリアが好きな人はもちろん、イタリアに行ってみたいヒトは是非、本作を大スクリーンで観てみましょう。

あとはサラ・ブライトマンの歌声ね。
もう、耳について離れません。
実に良くマッチしてます。

久々にべた褒めですね。

« 『剣岳 点の記』 | トップページ | 『恐竜2009 砂漠の奇跡!!』 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/45748188

この記事へのトラックバック一覧です: 『アマルフィ 女神の報酬』:

« 『剣岳 点の記』 | トップページ | 『恐竜2009 砂漠の奇跡!!』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ