« 帰って来ちゃいました(ノ△T) | トップページ | 西表ダイビングツアー ログ 8月10日  »

2009年8月18日 (火)

『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』

平成になって復活した仮面ライダーの十周年記念作品として、平成ライダーの世界を渡り歩く仮面ライダーディケイドの映画版。

昭和ライダーが登場して、平成ライダーとバトルを繰り広げる。

しかも今回の悪の集団は「大ショッカー」。
リニューアルした死神博士(石橋蓮司)と地獄大使(大杉漣)と、昭和と平成ライダーが一堂に会して整列した絵が話題になった。

そして、あのGACKTがライダーマン結城丈二としてライダーとしての心を若いライダーに伝える役どころで登場すると、前評判が高かった作品であった。

ワタシ自身、TVの平成ライダーを一切見ていないので、設定が全然ワカラン。
ただ、昭和ライダーとショッカーという組合せだけで見に行った。

感想は...orz

昭和ライダーがみすぼらしく感じてしまいました。
折角登場しても意味がないなぁ、という感じです。

確かに1号、2号、V3の3人がサイクロンとハリケーンに乗って登場するシーンは格好良かった。
1号、2号のダブルライダーキックは素晴らしかった。

でも、1号、2号の声を聞いてガックシ。
そしてライダーマン結城丈二の変身シーンがないのに、さらにガックシ。

何のためにGACKTは登場したの?
出演が難しいなら声だけでも出てもらえたんではないの?

さらに、なぜ「仮面ライダーW」とかいう次の新番組のライダーを出したの?
あれはいらないなぁ。

しかし、1つだけ素晴らしかったのが「ショッカー戦闘員の皆様」ですね。
「イー」と言うかけ声、そして「人間ミサイル」みたいに使われる。

このシーンは良かった。
如何にも使い捨てされるとは言え、CGを使うことによって戦闘員の皆様の活躍が見られたのが良かった。

最後に、ウルトラマンが昭和と平成でうまく融合させられたのに対し、ちょっと残念でした。

ついでに、同時上映の『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』
こちらもTVは見てないので設定は知りませんが、30分ぐらいであまりにも短いけど、結構良かったかもね。

« 帰って来ちゃいました(ノ△T) | トップページ | 西表ダイビングツアー ログ 8月10日  »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

結局、歴代ライダーの姿をした戦闘員になっちゃってましたね。
企画を知った時に懸念した通り。
これでもう何人か、本物の役者さんが声の出演でもしてくれていれば・・・。

>歴代ライダーの姿をした戦闘員
正しくその通りですね。
何だか違和感アリアリでした。

それにしても、最低限1号2号V3ぐらいは、ご本人の声を当てていただきたかったですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/45962431

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』:

» 『仮面ライダーディケイド/オールライダー対大ショッカー』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
TVシリーズは毎週楽しみに観ているので、久々に劇場版公開を心待ちにしていた一本。セールスポントは何といってもサブタイトルにある通り「オールライダー」の登場。 といっても実際に「オールライダー」集結はありえず、とりあえず主役ライダーは全員集めました、といったところ。 仮面ライダー1号に始まり、2号、V3、ライダーマン、X、アマゾン、ストロンガー、スカイライダー、スーパー1、ZX、BLACK、BLACK RX(別カウント)、シン、ZO、J、クウガ、アギト、龍騎、ファイズ、ブレイド、響鬼、カブト、電王... [続きを読む]

» 「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」の感想 [よろずな独り言]
 さて,前編に続きまして,ここからは本題,「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」の感想に行きたいと思います。一部ネタバレがありますので御注意ください。... [続きを読む]

« 帰って来ちゃいました(ノ△T) | トップページ | 西表ダイビングツアー ログ 8月10日  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ