« 次は日本シリーズだ! | トップページ | 円楽さん死去 »

2009年10月25日 (日)

『さまよう刃』

「探偵ガリレオ」などのベストセラー作家 東野圭吾の問題作を映像化した作品。
一人娘を殺された父親が、その殺され方と犯人が"未成年者"であると知ったとき、そのやり場のない哀しみと怒りを爆発させ、犯人に報復に出る。

未成年者の犯罪は「少年法」によって護られ、犯罪に見合う量刑が犯人に施行されない現状がある。
警察の職務とあるべき正義とのギャップ、現代社会における正義とは何なのかを問うている作品で、映像化は難しいとされていた。

被害者の父親で殺人犯を寺尾聡、理想の正義と現実の警察との狭間で苦悩する若い刑事に竹野内豊、コンビを組むベテラン刑事に伊東四朗。


本作を観ていて、心が痛かったです。
もし自分が主人公だったらどうだろうか、と。

そして、日本の「少年法」はこのままで良いのだろうか、ということを思いました。


本作の感想は、これで止めておきます。
原作を読んでみて、それから改めて感じたことを書いてみようと思います。

« 次は日本シリーズだ! | トップページ | 円楽さん死去 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/46583469

この記事へのトラックバック一覧です: 『さまよう刃』:

« 次は日本シリーズだ! | トップページ | 円楽さん死去 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ