« アリス東京ドーム | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』 »

2010年2月28日 (日)

『ALICE TOKYO DOME 〜明日への賛歌〜 2010.2.28』

アリスの三人(谷村新司、堀内孝雄、矢沢透)が還暦を迎え、2009年に再結成し、そのツアーのファイナルが今日行われた。

1981年に後楽園球場で活動停止してから28年の時を越えて東京ドームでファイナルを迎える。

今年の正月元旦の新聞に広告が出ていたので、即座に電話しチケットを手に入れた。
昨年のツアーに気づいたときにはチケットはもう取れなかったので、楽しみにしていた。

阪神大震災の復興を祈念して再結成したときに行って以来2回目の生アリス。

冬の稲妻、BURAI、チャンピオン、今はもう誰も、遠くで汽笛を聞きながら、エスピオナージ、ジョニーの子守唄、秋止符、狂った果実、帰らざる日々...

あれもこれも聴いた曲ばっかりで、最後はGOING HOMEというこのツアーの最中にファンと一緒に作り上げた唄の大合唱。

聴き応えがありましたね。

さらに、今日は二部構成で、二部にはゲストがアリスの唄を歌うと言うことで、はじめはよく知らない若い女の子3人組。
何だかなぁ、と思っていたら次が本命、THE ALFEEの坂崎幸之助!
他にも押尾コータローなども参加して、ちょっと贅沢なアリスリスペクトになりましたね。

それにしても今日の開演は15時スタート。ちょっと遅れたものの途中休憩が30分あったけど、終わったのが20時。実質4時間半の長丁場。
アリスの客層が団塊の世代?年輩の方が多く、アリスの三人も還暦なので、若干まったり感もあったりして、何とかやり遂げましたね。
これが長渕だったら、終わった時点でヘロヘロだったろうなぁ(笑)

しかし東京ドームでのコンサートは、観客の数が凄すぎ。
トイレが男性でも20分ぐらい待ち。女性はさらに長く、列が階段から下の階まで伸びて折れ曲がって、という状態。
野球観戦のようにはいきませんな。

今回のDVD出たら買うかもしれないです、ハイ。

« アリス東京ドーム | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

楽しまれたようですね〜!
15時開演の20時終演というのは、私には理想的です。
昼から時間をかけて演ってくれるのって良いですよね。

それでも終演時刻よりも前に帰って行かれた方々も多かったんですよ。

多分、こんなに長くやるとは思ってなくて、帰りの飛行機や電車の時間になっちゃったんでしょうねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/47693028

この記事へのトラックバック一覧です: 『ALICE TOKYO DOME 〜明日への賛歌〜 2010.2.28』:

» 『ALICE TOKYO DOME/明日への讃歌』 [【徒然なるままに・・・】]
ここは東京ドームです。 朝方は雨降ってましたけど、お昼からは晴れたせいか凄い人出。 お、こんなところに原監督が・・・! といってもこれは昨日の話。 F20!!さんから急遽のお誘いを受け、ドームへ行ってました(多謝!)。 アリスの東京ドーム初公演です。 まぁ凄い人でした。4万5千人くらいいたのかな。 年齢層も幅広く・・・といっても全体的に年齢は高め。 アリスというと僕なんかよりもちょっと上の世代の”アイドル”って意識があるんですが、やっぱりそんな感じ。 チンペイ、ベーやん、キ... [続きを読む]

« アリス東京ドーム | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ