« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

『ALICE TOKYO DOME 〜明日への賛歌〜 2010.2.28』

アリスの三人(谷村新司、堀内孝雄、矢沢透)が還暦を迎え、2009年に再結成し、そのツアーのファイナルが今日行われた。

1981年に後楽園球場で活動停止してから28年の時を越えて東京ドームでファイナルを迎える。

今年の正月元旦の新聞に広告が出ていたので、即座に電話しチケットを手に入れた。
昨年のツアーに気づいたときにはチケットはもう取れなかったので、楽しみにしていた。

阪神大震災の復興を祈念して再結成したときに行って以来2回目の生アリス。

冬の稲妻、BURAI、チャンピオン、今はもう誰も、遠くで汽笛を聞きながら、エスピオナージ、ジョニーの子守唄、秋止符、狂った果実、帰らざる日々...

あれもこれも聴いた曲ばっかりで、最後はGOING HOMEというこのツアーの最中にファンと一緒に作り上げた唄の大合唱。

聴き応えがありましたね。

さらに、今日は二部構成で、二部にはゲストがアリスの唄を歌うと言うことで、はじめはよく知らない若い女の子3人組。
何だかなぁ、と思っていたら次が本命、THE ALFEEの坂崎幸之助!
他にも押尾コータローなども参加して、ちょっと贅沢なアリスリスペクトになりましたね。

それにしても今日の開演は15時スタート。ちょっと遅れたものの途中休憩が30分あったけど、終わったのが20時。実質4時間半の長丁場。
アリスの客層が団塊の世代?年輩の方が多く、アリスの三人も還暦なので、若干まったり感もあったりして、何とかやり遂げましたね。
これが長渕だったら、終わった時点でヘロヘロだったろうなぁ(笑)

しかし東京ドームでのコンサートは、観客の数が凄すぎ。
トイレが男性でも20分ぐらい待ち。女性はさらに長く、列が階段から下の階まで伸びて折れ曲がって、という状態。
野球観戦のようにはいきませんな。

今回のDVD出たら買うかもしれないです、ハイ。

アリス東京ドーム

アリス東京ドーム
15時開演で、今終わりました。

途中の休憩は30分、後は歌いぱなし。

ゲストにアルフィーの坂崎氏や押尾コータローなどがきて、盛り沢山でした。

詳細は後ほど。

2010年2月22日 (月)

節分射会

昨日は節分にちなんだF橋市弓道協会の射会でした。

約80名と盛況で、一手(2本)一立(4本)の計6本で競われました。

ワタシの結果は
×× ○×○○

今回も上位に行けませんでしたが、少しずつ復調の手応えを感じています。

競技の後は鬼のお面を的にしての、縁起を担いだお遊び。

人数が多くて2本しか引けず、うち1本は10cmほどのニアミス。
結局中りませんでしたf^_^;

それでも楽しい射会でした。

2010年2月18日 (木)

ショック

主水死す!
藤田まことが死んだ。

ショックだ。

2010年2月15日 (月)

いろいろ

ここ最近、本を読んだり、映画を見たりのレポが書けなかったので、ちょっとまとめて書いてみます。

------

まずは『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』

これは朱川湊人氏の手によるウルトラマンメビウスのノベライズ版である。
朱川氏は直木賞作家だそうだが、メビウスTV版の脚本を3本担当しているそうで、その話を少しいじっている。
TVでメビウスの正体がヒビノミライであることがGUYSメンバーに知られた後の話で、一人の見習い隊員ハルザキの視点から描かれている。

ある事件をキッカケに異星人嫌いになった見習い隊員ハルザキが、メビウス=ミライやGUYSメンバー、そしてメイツ星人との接触を経て、ウルトラマンや他の宇宙生命体の無償の厚意を信じるようになっていく...


内容は確かにウルトラマンなのだが、所々に昭和のウルトラシリーズが伏線として貼られているので(TV版もそうなのだが)、結構読み応えのあるSF小説となっている。
読み出したら一挙に読んでしまった。

------

続いて『警視庁から来た男』


昨年、『笑う警官 THE LAUGHING POLICEMAN』という映画を見たが、その原作である佐々木譲の「道警シリーズ」第2弾の小説。
内容はやはり北海道警察を舞台に、今度は人身売買事件と、闇世界と警察の大癒着を軸に、「笑う警官」で裏金事件をうたった警官津久井と警視庁の監察官がタッグを組み、闇世界と警察の癒着を洗っていく。
並行して「笑う警官」の主人公であった佐伯刑事は人身売買事件を追い、2つの事件がやがて繋がって行く...


この作品も結構読ませる。
前作の「笑う警官」も二転三転するストーリーに飲み込んでいったが、本作ものめり込んでしまった。

続編が第四弾まで出ているのだが、まだ文庫本になっていないので、早く文庫本が出版されることを願っている。

------

次は映画『オーシャンズ』

以前、「ディープ・ブルー」という海洋生物ドキュメント映画が封切られたが、そのスケールと映像の凄さに圧倒され、DVDはスペシャル版で購入してしまった。
多分、本作も購入すると思うのだが、前作を「陽」とするなら本作は「陰」の印象が否めない。

海洋生物の貴重な映像の数々に加え、海洋汚染やクジラやサメの乱獲映像が、見ていて痛々しい。
途中、クジラ漁の映像は、JAPANバッシンク?と思ってしまった。

でも、やはりこれでもかと言うぐらいの圧倒的な海洋生物の神秘的な映像は必見の価値アリだと思う。

------

最後は『ゴールデンスランバー』

「お前オズワルドにされるぞ、逃げろ!」
友人にこう切り出されて、何のことか分からないうちに爆発音が起こり、首相が暗殺された。
心当たりがないのに犯人扱いされ逃げまどう主人公青柳(堺雅人)。

周到に用意された首相暗殺の犯人としてでっち上げられるが、青柳がこんなことするはずがないと信じる友人・知人の助けと、そして通り魔殺人犯の気まぐれで警察から逃れ、TV局と接触しようとする。
青柳は自分は犯人ではないと生中継で訴えようとするが、果たして成功するのか?


ある意味、突拍子もない設定だが、見ているうちにハラハラドキドキ、次はどうなるんだろうか、とのめり込んでしまった。

でも、一番は「びっくりした?」がびっくりした。
あまりにもご都合主義のような気もするが、おもしろかった。

最後はちょっと心苦しい結末だったけどね。

------

2010年に入ってから一ヶ月ちょっと。
あまりにも色々なことがありすぎました。
自分の生徒の入試と職場の入試、部活の試合と重なりまくり、一ヶ月の間休みナシだった。
流石に試合が終わった直後は疲れがどっと出てきた。

もうすぐ卒業式もあるし、あともう少しだな、踏ん張りどころはね。

2010年2月 9日 (火)

お悔やみ

作家の立松和平さんが亡くなったそうだ。62歳。

この人、今はあんまり有名でないかもしれない。

一時期、盗作疑惑か何かで、TVに出なかった時がありましたしね。

でも、昔のニュースステーションでの旅企画での独特な語り口調と、その人柄を気に入っていました。

特に「~なんだよねぇ」って、ちょっと訛りが入ったしゃべり方は、よく真似したものでした。

ワタシの大学の、海洋関係の教授が知り合いだったようで、自然環境の講演を行い、著書にサインをもらったりしましたよ。

あの語りが聞けないのが残念です。

合掌。

2010年2月 4日 (木)

ついに引退!

3回続けて大相撲ネタですなぁ。

先ほど、朝青竜が引退会見したそうです。

確かに結果だけを見れば大横綱ですけど、如何せん土俵外の行動が悪すぎましたね。

特に今回は、一般人に暴力を振るった挙句、ごまかしたりもしたので、相撲界でもかばい切れなかったんでしょうね。

プロレスでもヒール(悪役)の存在は不可欠なんですが、ちょと残念。

それにしても、朝青竜は確か帰化もしてないから、既存の親方にはなれないんぢゃなかったかしら?

ひどいねー のその後

昨日、大相撲の理事選挙で退職した若手の親方のことを書きましたが、この親方の所属している立浪一門が退職を慰留し、退職を撤回したそうで。

世間やマスコミに叩かれる前に、退職を止めさせたんだろうけど…

やれやれ(-.-;)

2010年2月 3日 (水)

ひどいねー

先日行われた大相撲の理事選挙。

改革を訴えて立候補した貴乃花親方に投票した若手の親方が退職だって。

スポーツ新聞にはクビと書かれているものも。

この親方の所属している立浪一門の候補者が落選したことで、こんなことになったようですが、ひどいねー。

選挙って何?と思わずにはいられません。

2010年2月 2日 (火)

久しぶりの雪

久しぶりの雪
昨晩から未明にかけて、久しぶりに雪が降りましたねぇ。

でも、ここ千葉県では2-3cmぐらいしか積もらなかったかな。

それでも裏道はちょっと緊張しながらの運転でした。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ