« 日の出桟橋 | トップページ | 今日から地デジ »

2010年8月14日 (土)

『ドラえもんの科学みらい展』

昨日の浅草からお台場への水上バスは、お台場の日本科学未来館に行くためだったんです。

ドラえもんのひみつ道具、タケコプターやタイムマシン、透明マントなど、いろんな道具が今日の科学でどこまで実現できているかを紹介する企画展示なんですが、家族連れが多くて、ほとんど体験できませんでした。

写真もほとんど撮ってこれませんでした(^_^;
01

ドラえもんとまではいかなくても、ASIMOのようなロボットや、会話や介護をするロボット、身につけることで数倍の力が出せるパワードスーツなどの展示もありました。
タケコプターは小型の一人用ヘリコプターですが、確かに小さい。

タイムマシンは現在の理論では、地球50個分の質量の物質を2コ用意して、圧縮してブラックホールを造り、それと同じ負のエネルギーを加えることでワームホールができる。
これがタイムゲートになるようです。
ま、あくまで理論上であって、現在の科学では不可能ですね<地球50個分の質量

スモールライトは、ミクロの世界を覗くカメラや、内視鏡を見ながら動かすワイヤーなどで代用できてますかね。

透明マントは、再帰性投影技術といって、映画館のスクリーンの前でそのマントを持って立つと、背景がずれることなく投影されて、マントを着ている人が透明になっているように見える技術でした。

翻訳コンニャクも音声翻訳装置というものが紹介されてました。
しゃべった言葉が英語、中国語、韓国語に変換されてましたね。

どらえもんのひみつ道具はさすがに漫画ですけど、少しずつ実現に向かっていることが感じられました。

でも残念だったのは、もう少しドラえもんの作品世界を使って欲しかったなぁ。
今日の科学とドラえもんは22世紀でしたっけ?
そこに至るまでの科学技術の展望とかね。

« 日の出桟橋 | トップページ | 今日から地デジ »

「サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/49144910

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドラえもんの科学みらい展』:

« 日の出桟橋 | トップページ | 今日から地デジ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ