« アタックチャンス 児玉清さん死去 | トップページ | こりゃゴイス! »

2011年5月22日 (日)

『英国王のスピーチ The King's Speech』

スピーチできない男が、国王になった。(パンフより)

吃音に悩む英国王ジョージ6世という実在の人物が、自ら克服し、国民の前で見事なスピーチを行うまでの過程を描いているのだが、話はそんな簡単なものではない。


このジョージ6世は父親でもある国王ジョージ5世の次男で、現女王エリザベス2世の父親である。

本来なら国王になることは無かったはずなのに、兄の前王エドワード8世が離婚歴のある人妻との恋を選び、即位して1年もしないうちに退位したため、国王にならざるを得なかった。
さらに、第二次世界大戦を目前にして、戦争という重大な決断をしなければならない重圧もある。

そして吃音。


この重圧に耐えられたのは妻エリザベスの支えと、吃音の治療に当たったライオネルの二人の存在が大きい。
本作はこの二人がどのようにしてジョージ6世を支え、そして世界大戦を目前に不安に駆られる国民へのスピーチを成功させるまでを描いている。


事実とオリジナルを織り交ぜているのだろうが、本作品は感動的に仕上がっていた。
アカデミー賞を4部門で受賞するのも納得です。


ワタシ個人としては、もう少し英国の町並みなども見たかったなぁ。行ってるだけにね。

« アタックチャンス 児玉清さん死去 | トップページ | こりゃゴイス! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/51743294

この記事へのトラックバック一覧です: 『英国王のスピーチ The King's Speech』:

« アタックチャンス 児玉清さん死去 | トップページ | こりゃゴイス! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ