« 花いちもんめ | トップページ | えぇー!ショックだぁ 和田慎二氏死去 »

2011年6月26日 (日)

『アンダルシア 女神の報復』

『アマルフィ 女神の報酬』『外交官 黒田康作』に続く第3弾。
(『アマルフィ ビギンズ』っていうやつがあるらしい。第1弾、第2弾の間にdocomoで配信したそうだ)

110626_184401


スペインを舞台に、日本人投資家の殺人事件に端を発し、調査を命じられた外交官・黒田康作(織田裕二)、操作を担当するインターポール捜査官(伊藤英明)、第一発見者だが多くを語らず裏がありそうな銀行行員(黒木メイサ)。
事件の裏では経済サミットが行われ、そこでマネーロンダリング(資金洗浄)が議題に上がっていた。

3人の、というよりそれぞれの所属の思惑と、殺人事件とマネーロンダリングが絡み、事態は複雑な状況を呈してくる。
真相を追う黒田に、ついに任務中止命令が出される…。


というような内容なんですが、これ以上は書きません。
昨日封切りなんで、本編は是非劇場で見て下さい。


それにしても、福山雅治。
毎度のことながら体の良い脇役なんだが、うらやましいなぁ。

« 花いちもんめ | トップページ | えぇー!ショックだぁ 和田慎二氏死去 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/52049638

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンダルシア 女神の報復』:

» 『アンダルシア/女神の報復』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
織田裕二が裏の顔を持つ外交官・黒田康作を演じた『アマルフィ/女神の報酬』の続編。 今回は主にスペインが舞台だが、前作ほど観光映画化してはいない。黒田のキャラクターは相変わらず微妙・・・。 正直言うと、お話の方はなんだかチンプンカンプン。 日本人投資家の死体が発見され、強盗殺人事件だと判断されるのだけれども、遺体の第一発見者である銀行の日本人女性行員も、捜査に乗り出したインターポールの日本人捜査官も、それぞれ何やら秘密を抱えている様子。そこへ黒田が首を突っ込み、二転三転の大騒動が繰り広げられ... [続きを読む]

« 花いちもんめ | トップページ | えぇー!ショックだぁ 和田慎二氏死去 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ