« 秋季市民弓道大会 | トップページ | 『インモータルズ 神々の戦い』 »

2011年11月 4日 (金)

『電人ザボーガー(2011)』

1974年に放映された「電人ザボーガー」のリメイク。
なぜ今頃?と思いましたが、今のCGを使ったザボーガーは文句なくかっこいい。
あんなバイクだったらいいなぁ、と思います。

ストーリーはオリジナルを踏襲しているところもありますが(って、よく覚えて無いんですよね、小さかったから)、驚いたのは二部構成。

主人公の大門の青年期と熟年期という話で、青年期を古原靖久、熟年期を板尾創路が演ずる。
あまり評判よくないようですが、ワタシは面白かったです。

青年期の血気盛んな大門が、父親の仇であるシグマ団に、父親の形見といえるザボーガーと立ち向かう。
しかし、敵のミスボーグ(山崎真実)との交流からの、気の迷いでザボーガーを失ってしまう。

熟年期は仕事にもあぶれた大門が、自分の娘というサイボーグAKIKO(佐津川愛美)、息子という秋月(宮下雄也)と触れ合うことで正義の心を取り戻し、復活したザボーガーとともにシグマ団と対決し、悪ノ宮博士(柄本明)を倒す。
そして、いくつになっても自分の正義を貫くと決意するのだった。


と、話はシリアスかなと思うのですが、熟年期はちょっとコメデイ色が強くなるので、そこがちょっと惜しいかな。


それにしても、オリジナル当時、見ていたはずなんだけどなぁ。
後年、設定とか見て、今回の映画を見て、悪役キャラとか当時をうまくリメークしたなぁ、と思いました。


残念なのは、パンフレット少なすぎ!
上映館が少ないのもあるんですが、もう少しなんとかならないもんかなぁ。

« 秋季市民弓道大会 | トップページ | 『インモータルズ 神々の戦い』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/53158744

この記事へのトラックバック一覧です: 『電人ザボーガー(2011)』:

» 『電人ザボーガー』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
『電人ザボーガー』は、1974年春から一年半に亘って放送されたヒーロー番組。最初は土曜日の夜7時からの放送で、ここは『宇宙猿人ゴリ』(→『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』→『スペクトルマン』)以来、『怪傑ライオン丸』、『風雲ライオン丸』、『鉄人タイガーセブン』とピープロ製作のヒーロー番組がずーっと流れていた枠で、その流れで『ザボーガー』も結構好きで見てました。 何といってもバイクが変形するザボーガーにインパクトがありましたし、主人公・大門豊を演じていたのが『仮面ライダーV3』のライダーマン=結城丈二... [続きを読む]

» 『電人ザボーガー』 SPECIAL EDITION [【徒然なるままに・・・】]
せっかくBlu-ray買ったんですが、見る時間がありません。 まあ本編は当分見直すつもりはないんですが(苦笑)、メイキングやスピンオフショートムービーは見ておきたいんですが。メイキングの方はオーディオコメンタリー付きだそうですし。 しかし特典のCDは繰り返し聴いてます。 「劇中楽曲完全収録サウンドトラックCD」と銘打たれたこのディスク、本来なら単独リリースして欲しかったくらいです。 ブックレットを読むと、単にTV版のBGMを再録音しただけじゃなく、結構細かくアレンジが施されているよう... [続きを読む]

« 秋季市民弓道大会 | トップページ | 『インモータルズ 神々の戦い』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ