« 『REAL STEEL』 | トップページ | 風邪 »

2011年12月28日 (水)

『連合艦隊司令官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』

第二次世界大戦に突入する前、日独伊三国同盟への加盟に徹底して反対を表明し、戦争に否定的でありながら、真珠湾攻撃を指揮した男。

全然、知りませんでした。

「軍神」と崇められた山本五十六の素顔って、こんな人だったんですね。

私の亡くなった伯母が、昔、山本五十六の奥さんの洋服を仕立てたことがあると、お袋から聞いていたんですけどね。
食べることが好きだったんですかね。

それにしても、いつの時代も愚かな上層部と世論に振り回されるんですね。


戦争シーンはCGもここまできたか、という感じ。
どこまでがミニチュアでどこまでがCGかが区別つきませんでした。

是非、映画館で見て下さいな。


------

ようやく親父も退院し、お医者様からも順調だというお言葉を貰ったのですが、一段落したのか、油断したのか、風邪引きました。

喉は痛いわ、鼻や咳は出るわ、カラダは痛いわ。
やれやれ。

熱がないのが安心だが、今の親父に風邪引かせるわけに行かないので、迂闊だ…

« 『REAL STEEL』 | トップページ | 風邪 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/53588570

この記事へのトラックバック一覧です: 『連合艦隊司令官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』:

» 映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」観に行ってきました。日独伊三国同盟の締結および大東亜戦争(アメリカ命名:太平洋戦争)の開戦に反対しながら... [続きを読む]

» 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 映画を観る2つのポイント [映画のブログ]
 「その根拠を示していただきたい。」  『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の中で、山本五十六は何度も人々に問いかける。  映画は140分のあいだ山本五十六を追い続け、その功罪を含めて彼がしたこと、云...... [続きを読む]

» 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」□監督 成島 出 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□キャスト 役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、       袴田吉彦、五十嵐隼士、坂東三津五郎...... [続きを読む]

» 聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― ちと軽めかな・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=1 -0-】 2012年一本目の映画、「最後まで日米開戦に反対し続けた連合艦隊司令長官、山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマ」だというふれ込みだけど、でも自分の山本五十六像とはどうも違う、その違いを確認しておきたかった。  昭和14年の夏。2年前に始まった支...... [続きを読む]

» 『聯合艦隊司令長官 山本五十六/太平洋戦争70年目の真実』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
この作品において山本五十六は、開戦の火蓋を切ってしまったものの、元々は誰よりも強く戦争に反対し、そして如何にしてそれを終結させるかに腐心した人物として描かれています。これまでは漠然と「第二次大戦中の英雄」といった程度のイメージしか持っていませんでしたが、それとはかなり趣の異なる人物像です。 役所広司が演じた山本五十六も、包容力があって、堂々たる存在感を持っていました。 物語は玉木宏演じるところの新聞記者の視点で語られるのですが、この人は主人公はおろか狂言回しとしても機能しておらず、体の良いナ... [続きを読む]

« 『REAL STEEL』 | トップページ | 風邪 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ