« 会長杯 | トップページ | 『新少林寺』 »

2011年12月 1日 (木)

『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(3D吹替版)

この「タンタンの冒険」って、そんな漫画があったんですね。
知らなかった。

ユニコーン号の模型を手に入れたタンタンが、ユニコーン号の財宝を狙う一味に襲われながらも、その秘密を解決していく物語ですが、次から次へと目まぐるしく舞台が変わり、観ていてジェットコースタームービー?のような面白さがありました。

パフォーマンス・キャプチャーなる技術を駆使して、見事なCGアニメーションになっています。
しかも各キャラの顔の表情は実写と見まがうぐらいにリアル。

久々に楽しめました。

------

さて、今回、初めて3Dデビューしました。
ワタシはメガネなので、メガネの上にクリップでとめられるサングラスタイプの3Dメガネを購入したんですが、見ている最中に違和感は感じませんでした。

観終わってから少しクラッと来ました。
3Dのハシゴはきついかもしれませんね。
吹替版にして正解だったかも。
<でも来年スターウォーズの3G版があるんだよなぁ…吹替版では観たくないし

それにしても今の3Dって、目の前でモノが飛び出るような感じには見えないんですね。
昔の万博などのアトラクションの方が、ビックリ感があったなぁ。

でも3Dだと、スクリーン内の奥行きが深く感じられました。

« 会長杯 | トップページ | 『新少林寺』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/53380141

この記事へのトラックバック一覧です: 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(3D吹替版):

» 『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
スピルバーグとピーター・ジャクソンのコラボということで話題になっているCGアニメ、あんまり食指をそそられなかったんですが、一応「押えて」おこうかな、ぐらいの感覚で見てきました。 お正月映画の本命とまではいかなくても、少なくても対抗ぐらいのポジションかと思っていたら、年を越せずに随分と公開規模が縮小されちゃいましたね。期待したほどお客さん入ってないんでしょうか。 最初のうちは3D字幕、3D吹替、2D字幕、2D吹替と4ヴァージョンも用意されてましたけど、今は3D字幕だけで、しかも1日2回ぐらい、... [続きを読む]

« 会長杯 | トップページ | 『新少林寺』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ