« 吃驚! | トップページ | 『連合艦隊司令官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 »

2011年12月22日 (木)

『REAL STEEL』

スピルバーグ制作総指揮の近未来ロボットアクション映画ですね。
そこに父と子の絆の再生ストーリーが絡んでくるので、結構感動しました。

私は劇場で見てないんですけど「トランスフォーマーズ」のような洗練されたロボットではなく、若干人間より大きいけど、ほぼ等身大のロボットには親近感が湧きますね。

それにしても、格闘用ロボットにデータをインプットして戦わせるなんて、実写版「プラレス三四郎」ですか?

------

時代は人間ではなくロボットが格闘する近未来。
元ボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、ロボットボクシングのトレーナーだが、借金まみれ。
そんな彼の元に、元妻の死の知らせとともに、幼い頃に分かれた息子マックス(ダコタ・ゴヨ)がやってくる。

はじめは養育権も金で義妹夫妻に売り渡し、息子も金儲けの手段でしか無く、それを知ってマックスも反抗的な態度を取る。

そんな時にゴミ捨て場で埋まっていたロボットATOMをマックスが拾ったことから、父と子のコンビでATOMは活躍し、最強王者ゼウスへの挑戦権を得る。

しかしチャーリーの借金が元でマックスを危険な目に逢わせてしまい、マックスを義妹夫妻の元に送り返してしまう。

再び心を閉ざすマックス。

父と子の絆は取り戻せるのか、そしてATOMとゼウスの戦いの行方は如何に!?

------

なんて、ストーリーです。
他にも、チャーリーを助けてくれるベイリーや、ゼウスの制作者タク・マシド、ゼウスのオーナーのファラ、チャーリーの元ライバルリッキーなどの存在が、本作のストーリーに深みを加えていると思います。

さらにロボットの格闘はCGなのに、本当の人間のボクシングを見ているように、手に汗握ります。
是非、劇場で見て下さい。

« 吃驚! | トップページ | 『連合艦隊司令官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/53543103

この記事へのトラックバック一覧です: 『REAL STEEL』:

» 『リアル・スティール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「リアル・スティール」 □監督 ショーン・レビ □脚本 ジョン・ゲイティンズ□原作 リチャード・マシスン □キャスト ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、      ケビン・デュランド...... [続きを読む]

» リアル・スティール  この冬最高のアクションムーヴィー [RISING STEEL]
今年初の映画レビューをようやくアップ! もうそろそろ公開終了かもしれませんが、オススメ!! リアル・スティール / REAL STEEL 2020年、近未来のアメリカではロボットによる過激な格闘技が人気を...... [続きを読む]

« 吃驚! | トップページ | 『連合艦隊司令官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ