« 県大会選考会その2 | トップページ | 『世界最大 恐竜王国2012』 »

2012年7月22日 (日)

『驚異の生命 宇宙を目指す動物たち』

平成24年7月21日 H2Bロケットにて「こうのとり3(HTV3)」を打ち上げ成功。


こんな日に(偶然なんでしょうが)、日本動物学会 関東支部会の公開講演会として、『驚異の生命 宇宙を目指す動物たち』というのが、東京医科歯科大学にて行われました。

Iss


現在、ISSには日本が設置した実験施設「きぼう」というものがあり、この中ではいろいろな実験が行われています。

昨日打ち上げられたHTV3には、メダカを飼育するための実験装置などが積まれており、様々な生物を用いて、宇宙空間での影響を調べようとしています。

そんな中で行われた講演会では、JAXAの矢野幸子さんが、さまざまな実験生物や実験装置(今回のメダカの飼育装置も!)を紹介してくれました。
東北大学の東谷篤志さんは「線虫」を用いて、宇宙空間での筋力低下の原因の調査を、金沢大学の鈴木信夫さんは「金魚のウロコ」を用いて、以前にISSで野口聡一宇宙飛行士が実際に実験を行っている映像などを交えて、骨の形成と骨粗鬆に通じる研究を、JAXAの浅香智美さんはメダカを用いた実験を、生きたまま行う方法を構築し、宇宙実験に役立てようとし、東京大学の國枝武和さんは不死身の生物「クマムシ」を用いて、宇宙放射線や紫外線の影響などを調べる、といった様々な宇宙における生物実験を紹介してくれました。

講演会場の隣では、今回打ち上げられた飼育装置(2分の1の模型でしたが)や、本物の宇宙食なども展示されていました。
そこでは今回のHTV3と飼育装置の話などをスタッフが説明してくれました。


ますます宇宙関連の実験から目が離せないんですが、予算削減とか言われているので、今後も宇宙研究を発展させて欲しいものですね。

« 県大会選考会その2 | トップページ | 『世界最大 恐竜王国2012』 »

「サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/55255650

この記事へのトラックバック一覧です: 『驚異の生命 宇宙を目指す動物たち』:

« 県大会選考会その2 | トップページ | 『世界最大 恐竜王国2012』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ