« 銭形警部役 納谷悟朗さん死去 | トップページ | 『ダイ・ハード ラスト・デイ』 »

2013年3月19日 (火)

『遺体 明日への十日間』

Photo


一本目は、東北大震災直後の釜石の遺体安置所についての作品です。
川を隔てて海側の地域は壊滅。
山側の住民は、地震の規模に戸惑いながらも、運ばれてくる遺体に直面していた。
そんな中で、民生委員の相葉(西田敏行)は、遺体に語りかけたり、さすってあげたりと、優しく接している。
その姿を見た市役所の所員や検死を行う石、看護婦達も一日もはやく遺族に会わせてあげようと、自分にできることを黙々とこなしていく。
そして二ヶ月後に遺体安置所は閉鎖されたが、まだ遺体は発見され続けている…
------
ルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」(石井光太氏)が原作である。
震災直後の報道されなかった現地の真実を描いている。
でも、現実はもっと悲惨な状況だったのだろう。
あれから二年が経過して、まだ先が見えない。
我々、日本人はなにやってんだろうか?
本作を観て、その思いがますます強くなっている。
ホント、自分には何ができるんだろうか?

« 銭形警部役 納谷悟朗さん死去 | トップページ | 『ダイ・ハード ラスト・デイ』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/56990839

この記事へのトラックバック一覧です: 『遺体 明日への十日間』:

« 銭形警部役 納谷悟朗さん死去 | トップページ | 『ダイ・ハード ラスト・デイ』 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ