« 海の日ダイビング in 富戸 | トップページ | 『EMPEROR 終戦のエンペラー』 »

2013年7月23日 (火)

『風立ちぬ』ネタバレ注意

大正から昭和の日本は不況、大震災、そして戦争へと突入する時代であった。

実在の飛行機設計家 堀越二郎の半生を、イタリアの設計家カプローニとの夢の中での友情と、結核に冒された少女 菜穂子との純愛を、宮崎駿監督が描いた。
Photo(yahoo!より転載)
------
上映前に主人公 堀越二郎の声を、あの庵野秀明氏がやるということで、いささかの不安を感じていた。
ま、おせじにもうまいとは言えませんでしたが「うげぇ」ともならなかったので、これはこれで良しと。
物語は堀越二郎が飛行機の設計家として成長し、伝説の名機「零戦」を生み出していく中で、カプローニと夢の中で交流することで自分の夢に向かい、菜穂子との出会い(再会)と別れるまで精一杯恋をする。
宣伝にも使われていた「生きねば」ということを宮崎駿風に描いた作品、ということでしょう。
------
だけど、お子ちゃまにはまだまだ…まだ早いんでしょうね。
途中で何度も外に出て行ってましたから。
------
それにしてもジブリが関東大震災や太平洋戦争を描くとこういう感じなんですね。
血生臭くなく、リアルでもなく、悲壮感はあれどある意味美しさも感じました。
不謹慎かもしれませんが。

« 海の日ダイビング in 富戸 | トップページ | 『EMPEROR 終戦のエンペラー』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

漫画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/57849780

この記事へのトラックバック一覧です: 『風立ちぬ』ネタバレ注意:

» 「風立ちぬ」 テクノロジーの両側面 [はらやんの映画徒然草]
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍 [続きを読む]

« 海の日ダイビング in 富戸 | トップページ | 『EMPEROR 終戦のエンペラー』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ