« 『日本のいちばん長い日 THE EMPEROR IN AUGUST』 | トップページ | 『S 最後の警官 RECOVERY OF OUR FUTURE 奪還』ちょっとネタバレ »

2015年8月26日 (水)

『長渕剛 10万人富士山麓オールナイトライブ2015』

01 余りにも美しい富士山の日の出だった…

(写真は公式サイトから)
 
桜島オールナイトライブから11年。
昨年は10周年を記念して、桜島満喫ツアー(当ブログ記事)にも行ってきた。
 
そして、今年、富士山麓で10万人を集めたオールナイトライブをやるとぶちまけた。
 
不安だった。あの時のようにモチベーションが持つだろうか?
自分の身体は持つだろうか?
 
そしてオールナイトライブは成功するだろうか…
 
結論から言うと、ワタシ的には成功であったと思う。
いろいろあった。本当にいろいろあった。
 
でも、あの富士山と並んで日の出が見られたこと。
あの場にいたファン達と同じ時間を共有できたこと(10万人はいなかったと思うが)
そして長渕剛とハイタッチができたこと。
 
それだけで満足だ。
------
千葉を出て河口湖畔の指定駐車場から、会場である朝霧高原のふもとっぱらキャンプ場へ向かった。
 
会場へはJTBが手配したバスでしか行けない。
これが、ライブ終了後の苦行を引き起こすのだが、それは後の話。
02_2
会場に着くと、ステージがデカイ!
桜島に負けず劣らずだった。
03
我々の場所はG1ブロック。なんと一番前(写真の赤丸)
04
で、なんとか場所を確保し、公演開始に備えた。
------
夜9時開演なのだが、30分ぐらい前に照明が落ち、花火が打ち上げられる。
そして地元の松明を乗せた神輿が練り歩く。
 
いよいよ開演と思いきや、低空飛行で会場の上をヘリが飛び回っている。
ほんとに低いところを飛んでいる(これも後でとんでもないことに)
 
で、そのヘリが着陸したと思うと、中から長渕とバンドメンバーが!
そして1曲目は「JAPAN」そして「GO STRAIGHT」
第一部はワタシの好きな曲がずらりだった。
01 JAPAN
02 GO STRAIGHT
03 シャララ
04 ひまわり
05 グッバイ青春
06 即興曲から愛してるのに
07 くそったれの人生
08 裸足のまんまで
09 かましたれ!
10 夏祭り
11 パークハウス 701 in 1985
12 Thank you Woman
13 泣いてチンピラ
14 勇次
 
うん、いいねこの並び。
それにしても公式グッズで日の丸買っておいて良かった。
いつもの拳上げより肩がラクだった。
------
小一時間休憩のち、第2部。
01 とんぼ
02 親知らず
03 三羽ガラス
04 てぃんさぐぬ花(ゲストのまいこって沖縄の娘、良い度胸してるね)
05 家族のフレーズを使ってのラップ(ゲスト般若と輪入道)
  (家族をフルで聞きたかった…(-_-)
06 SUPERSTAR
07 蝉
08 カモメ
09 ひとつ
10 しあわせになろうよ
11 女よ、GOMEN
12 ファイティングポーズ
13 東京青春朝焼物語
14 桜島
15 巡恋歌(一番のみなのが残念)
 
ここまでは昔からのファンも馴染みやすいねぇ。
今年の春先に福島を通ったので、震災の映像は胸が痛い。
------
で、また数十分の休憩のち第3部。
センターステージが遠すぎて、しかも途中に障害物もあってよく見えず。
ま、今回はほとんどスクリーンのお世話になってましたが。
 
笛吹さんはバンドマスターとしてスタッフに名前があったので、登場を楽しみにしていました。
 
01 絆(ここで、オープンカーに乗ってセンターステージへ移動)
02 即興曲→LongLongTimeAgo
03 乾杯
04 CloseYourEyes
05 シェリー
06 鶴になった父ちゃん(with 笛吹利明、関淳二郎)
07 STAYDREAM
 
最後に、オープンカーに乗ってステージへ戻ってくるのだが、なんと我々の真横の通路を通って来た!
これだけでも感動ですよ。
------
そしていよいよ最後の第4部。
ここは政治色の強いステージでした。モニターにはこれでもかと政治批判。
その上で日の丸を振っている我々ファン。
一体、何の集会なんだw
14
01 明日をくだせえ
02 青春
03 しゃぼん玉
04 マイセルフ
05 ライセンス
06 富士の国
07 明日へ向かって
08 success
09 明日へ続く道
 
今回のオールナイトのために書き下ろした「富士の国」
この曲を歌っていると、富士山を覆っていた雲が無くなり、終盤に日の出が!
07
そして吠える長渕剛!
「日の出だー!」
 
で、我々のG1ブロックの一番前のファンに頭を撫でさせハイタッチ。
その上、そのままフェンス沿いに歩いてきてワタシの前に!!!
 
そして長渕剛とハイタッチ!
もう、これだけで満足。
 
11年前の桜島の時のラスト「Captain Of The Ship」の時の感動とはまた別の感動を貰って、最後を迎えることができました。
[セットリストはこちらのサイト(長渕剛Express)を参考にしました]
------
8/22の夜9時に始まって、途中休憩を3回入れて、8/23の朝6時半に終わった。
 
やりきった感満載で、放心状態。
ところがイベントはこれで終わりでは無かった。
 
「規制退場」なんですか、それ?
08
バスに乗る際に配布されたリストバンドに従って退場することに。
ワタシはコで、11時半ぐらいにならないと会場から出られないとのこと。
 
え?5時間もこのまま?それ何の苦行?
仕方ないから、屋台で朝食を買い、日の光を避けつつ、時間を待つことに。
09
ついでにステージの端のはじだけど、座っちゃった。
 
さらに、ようやっと退場のお知らせがあっても、バスに向かう人の列、列、列。
12
やっとこバスに乗れても、まだこれだけの人がいる。
13
 
ま、10万人(タブンそんなにいないと思うが)もいるんじゃ仕方ないか。
でも、もう少しやり方はあったのでは無いかなぁ?
最後の最後にぐだぐだになってしまったのが残念です。
 
------
結局、河口湖畔の駐車場に着いたのが、夕方の4時半。
西湖の立ち寄り湯で一風呂浴びて、メシ食って、中央道の工事渋滞を食らって、帰り着いたのが23時半。
 
危うく、オールナイト二日目に突入する所だったw
 
それでも、行って良かった。
桜島と同様に、伝説になるライブになると思う。
 
3回目?それはちょっと…
 
------
その他いろいろ。
ツアートラックはコンボイ司令官が運搬していますw
05
このヘリは、公演開始時に長渕が乗ってたものですが、事故を起こしたそうな。
開始早々ケガ人を生み出す、なんて記事が出てました。
10
公式グッズ売り場に1時間かけて並びました。
が、Tシャツやバスタオルはほぼ完売。
06
------
それにしても、ライブ前日までは雨がそれなりに降っていたらしい。
それが、天気は晴れるわ、富士山の雲は無くなるわ、日の出は出るわ、長渕さんと我々ファンは、何か強運みたいなものを持っているのかな?
11
終わった後は富士山隠れちゃいましたから。
 
以上、ぐだぐだですが「富士山オールナイトライブ」の報告でした。

« 『日本のいちばん長い日 THE EMPEROR IN AUGUST』 | トップページ | 『S 最後の警官 RECOVERY OF OUR FUTURE 奪還』ちょっとネタバレ »

from TN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/62156704

この記事へのトラックバック一覧です: 『長渕剛 10万人富士山麓オールナイトライブ2015』:

« 『日本のいちばん長い日 THE EMPEROR IN AUGUST』 | トップページ | 『S 最後の警官 RECOVERY OF OUR FUTURE 奪還』ちょっとネタバレ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ