« 初射会 | トップページ | 『さらばあぶない刑事』  ネタバレ注意 »

2016年1月22日 (金)

『SEASONS シーズンズ2万年の地球旅行』 ネタバレ注意

7万年に続く氷河期の中で、最も寒かったと言われる2万年前。
北半球の大半を覆う氷の中で、生き物たちは生きていた。
 
その寒さを耐えきった動物の子孫が、今日も生き残っている。
 20160122225252070_seasons
------
というような出だしで、極寒の地を生き抜いたジャコウウシやトナカイ。
暖かくなってきた地球を覆う原始の森にはウマやクマ、シカ、オオカミ、ヤマネコ...
 
大小様々な動物。
カケスやカラスなどの鳥。
 
ヒトの出現は、自然のバランスを崩し、森を破壊し田畑にし、いなくなった動物もいる。
生活サイクルを変えた動物もいる。
そして、ヒトを新たな上位者(縄張りのリーダー?)として、ヒトと共に歩む動物もいるのだ。
 
やがて自らの過ちを認めたヒトは、自然を大切にすることに気づき始めた。
バランスの崩れた自然は元に戻るのだろうか?
 
------
というような感じの話です。
今回は森林を中心とした自然界の話ですが、基本的には2万年まえの氷河期から、今日に至るまでの過程を辿っているようなストーリーです。
 
相変わらず、どうやって撮影しているんだろうという映像が次々と出ています。
ただ、人類との関係を述べる以上、開墾、狩猟、戦争を外すわけに行かない。
 
でも、最後にこんな字幕がでてきます。
「本作品では動物に危害を加えていません」(うろ覚えですが)
ということは、映像に手を加えたと言うことですよね。
 
確かに、撮影した映像をそのまま上映することはないから、手を加えざるを得ないのですが、最後の字幕で、上映中に感じた違和感に合点がいきました。
 
確かに凄い映像でしたが、そろそろ食傷気味。
以前の「ディープ・ブルー」や「皇帝ペンギン」のような感動を再び味わいたいものです。
 
でも、リアルな動物の行動を見たければ、見応えのある作品だと思います。
 
 
 
ナレーションの人選は、ノーコメントでw

« 初射会 | トップページ | 『さらばあぶない刑事』  ネタバレ注意 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/63104294

この記事へのトラックバック一覧です: 『SEASONS シーズンズ2万年の地球旅行』 ネタバレ注意:

» 『シーズンズ/2万年の地球旅行』(2015) [【徒然なるままに・・・】]
氷河期が終わり、森に生命が芽生え、全ての生き物が共存し栄えている。しかしそこへ人類が現れ、自然界の微妙なバランスは崩れ森が姿を消し、生き物たちは山に、大地の外れにと追われてしまう。やがて人類は自然の大切さにようやく気付きはじめるのだが――。『WATARIDORI』や『オーシャンズ』を手掛けたジャック・ペランとジャック・クルーゾのコンビによるネイチャー・ドキュメンタリー最新作。ここ10年ぐらいで公開されたネイチャー・ドキュメンタリー作品は結構観ているが、その中でも異色に感じるのはドキュメンタリーであり... [続きを読む]

« 初射会 | トップページ | 『さらばあぶない刑事』  ネタバレ注意 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ