« 『こち亀展in日本橋高島屋』 ネタバレ注意 | トップページ | 『中村雅俊 CONCERT TOUR 2016 "L-O-V-E"』 in かつしかシンフォニーフォール »

2016年9月26日 (月)

『超高速!参勤交代リターンズ』

福島県の湯長谷藩(現いわき市)の藩主 内藤政醇(佐々木蔵之介)は、隠し金山の疑いをかけられ、五日以内に参勤交代せよとの幕府からのお達しがきた。

内藤政醇とその家来一行は、老中 松平信祝(陣内孝則)の妨害をうけるも、雲隠段蔵(伊原剛志)の協力を経て、無事五日以内に江戸城に到着し、徳川吉宗(市川猿之助)に拝謁することができた。
しかも途中で知り合った宿場町の女中お咲(深田恭子)を側室にするのだった。
------
という前作(当ブログ記事)の帰り道が本作。
R
前作のエンディングでは、資金不足のため全員で走るぞ〜となったのだが、道中の家来の副業で資金を稼ぎ、牛久宿でにて政醇とお咲の祝言という名の宴会をしている所に、湯長谷藩にて一揆が発生。
しかも二日以内に戻らないと廃藩になってしまうとのこと。
 
宴会もそっちのけ、飲まず喰わず休まずで二日間、行きの二倍のスピードで帰りの参勤交代をすることに。
 
しかし、この一揆は政醇に恥をかかされた老中信祝の策略であった。
尾張柳生を配下にし、政醇を亡き者にしようとする。
 
------
この先ネタバレ有り。
 
 
 
 
 
今回も少ない資金と人数で大名行列をやりくりしたり、尾張柳生に寝返った段蔵と対決したり、湯長谷藩に帰り着けたら、すでに廃藩になっているし。
 
畑は荒らされ、住民はボロボロに。
政醇ら湯長谷藩は謀反人とされ、城内の家臣は悉く捕らえられ処刑を待つことに。
 
どうなる湯長谷藩?
 
しかし、内藤政醇って実在の人物なんですね。
まあ超高速な参勤交代はしていないそうですが、結構出世したようです。
しかも吉宗の時代ということで、大岡越前(古田新太)も出てくるし。  
 
まさか、続編があるとは思いませんでした。
前回は参勤交代のやり繰りがメインだったけど、本作は湯長谷藩存続の危機など、いろいろな見せ場があって、最期までハラハラでした。

« 『こち亀展in日本橋高島屋』 ネタバレ注意 | トップページ | 『中村雅俊 CONCERT TOUR 2016 "L-O-V-E"』 in かつしかシンフォニーフォール »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/64262642

この記事へのトラックバック一覧です: 『超高速!参勤交代リターンズ』:

» 『超高速!参勤交代リターンズ』(2016) [【徒然なるままに・・・】]
「行きは参勤、帰りは交代」ということで帰らなきゃ参勤交代は終わらない、と『超高速!参勤交代』に続編の登場だ。前作で湯長谷藩の連中に苦渋を飲まされた松平信祝は、恩赦によって蟄居を解かれ老中に復帰。復讐に燃える信祝は尾張柳生の面々を使い、一揆を装って湯長谷に騒動を起こし、間髪を入れずに目付を派遣。このままでは失政を理由に内藤家はお取り潰しの危機!ということで藩主・内藤政醇以下、行きの半分以下の日程で急ぎ戻らなきゃならない羽目に。しかも金も尽き、道中には信祝の罠が仕掛けられ、そして尾張柳生の一味が一行を亡... [続きを読む]

« 『こち亀展in日本橋高島屋』 ネタバレ注意 | トップページ | 『中村雅俊 CONCERT TOUR 2016 "L-O-V-E"』 in かつしかシンフォニーフォール »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ