« FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT3月号(2017) ネタバレ注意 | トップページ | 猛威再び!! 尿管結石騒動記 »

2017年2月12日 (日)

『相棒 劇場版IV』 ネタバレ注意

七年前、家族を殺され、自身も誘拐された少女がいた。

だが、日本政府は身代金要求を突っぱね、少女は国に見捨てられた。
 
そして再び少女を誘拐した国際テロ組織バーズは動き出す。
 
「再び身代金を拒否すれば、今度は日本人の誇りが砕け散るだろう」
 
------
バーズのリーダー レイブンを追う国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)の世話を命ぜられた特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)。
リュウの部下が殺される前によこした情報を元にレイブンを追う。
 
そして外務省のHPを改ざんして伝えられるバーズの要求。
「再び身代金を拒否すれば、今度は日本人の誇りが砕け散るだろう」
 
今度の人質は50万人!
たくさんの見物人が見守る、スポーツ選手団の凱旋パレードでの大量無差別殺人。
 
元相棒の神戸尊(及川光博)や元鑑識の米沢(六角精児)らをも巻き込んで、事件の真相に迫る...
------
 
ということで、相棒の新作劇場版です。
元々TV版でも、考えさせる話が多い相棒ですが、劇場版はやっぱり深いです。
 
些細な事件から真相に至るまで、二転三転するのがたまりません。
 
前作(当ブログ記事)より面白いです。
前作はジャングルの中を特命係を走らせたかっただけかと。
 
エンターティメントとして初映画の1作目が良かったですね。
相棒らしい作品としては2作目を推します。
 
で、今作も2作目と同じくらい、相棒らしいなぁ、と。
さすがに"官房長ショック"ほどの衝撃はありませんが。
 
------
まだ、封切り直後なのでココまでとします。
 
 
 
イタミン(川原和久)のビックリした顔が見物ですよ〜。

« FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT3月号(2017) ネタバレ注意 | トップページ | 猛威再び!! 尿管結石騒動記 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/64885846

この記事へのトラックバック一覧です: 『相棒 劇場版IV』 ネタバレ注意:

« FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT3月号(2017) ネタバレ注意 | トップページ | 猛威再び!! 尿管結石騒動記 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ