« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

『SOLO A STAR WARS STORY ハン・ソロ』 ネタバレ注意

a long time ago in a galaxy far far away...

 
という、お馴染みのオープニングに続いて、
その後は本編ではないんだな、っていう始まり方のSWサイドストーリー第2弾
『SOLO』(邦題『ハン・ソロ』)
Solo
------
逃げ回るコソ泥、ハン
身柄を保護される代わりに犯罪行為に手を染めている。
 
やっとの思いで手に入れた燃料コアクシウムを切り札に、キーラと2人で脱出を試みる。
しかし、コアクシウムを賄賂に宇宙港のゲートを出たハンだが、キーラは直前で捕まってしまい、キーラに促されるように1人脱出する。
 
脱出先は帝国軍アカデミー。
 
そう、宇宙一の宇宙船乗りになるために。
そして一刻も早くキーラを迎えに行くために。
 
------
というスタートでしたが、チューバッカやランド・カルリジアンとの出会い、キーラとの再会、そして...
 
ミレニアム・ファルコン号との出会い
 
が描かれている。
 
特に、EP4でルークとオビ・ワンがハンと出会った時の
「ケッセル・ランまで12パーセクで飛んだんだ」
という、ミレニアム・ファルコン号の速さを示すエピソードや、
どのようにしてハンがミレニアム・ファルコン号を手に入れたかが、
本作では描かれている。
------
 
米国では不評で、今後のSWのサイドストーリー計画も見直しみたいに言われている。
しかし、本編では無いのだし、面白く見させて頂きました。
 
ま、最後にあのお方が出てくるまではね。
 
あのお方が出てきたことで、あの設定が公式になっちゃうのかな?と思いました。
ま、サイドストーリーどころかEP7以降はジョージ・ルーカスが監督しているわけではないので、正史とは言いがたいデスケドね。
 
 
もうすでにビジュアルも出ているのだが、出会った頃のミレニアム・ファルコン号は船首が尖っていたんですね。
Solo2
ちなみに、こちらは限定版パンフの表紙です。
写真はネット上から引用させて頂いております。

2018年6月10日 (日)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT7月号(2018)  ネタバレ注意

NT誌400号記念!!、なのかな?
 
今月号は、本編の他に巻頭特集と付録ポスター(ツァラトラ)
NT誌のナカツ氏作成のNT表紙特集(他にもガンダム系などの表紙特集も)など。
 
 
 
巻頭特集は単行本14巻発売を記念して行われた読者アンケートの結果発表
(ネタバレ注意)
 
GTM1位は当然ツァラトラ
「ツァラトラ、見開きしか出てねーだろ(ナカツ)」
キャラは1位ツバンツヒ、2位ナルミ
「2大巨頭(ナカツ)」
AFの1位は令令謝
「なんでレレイスホトが1位になってんだ〜?(ナカツ)」
うん、確かに不思議です。
で、巻頭特集のナカツ氏のコメントに
「11回分の連載がたまって、来年には単行本15巻が出せそう」
とのこと。
「ユーゾッタの話が終われば単行本になるんじゃないかな。」
ということで、しばらくは連載は続きそうだけど、不安だなぁ。
 
「Xross Jammer」も構成は出来てて、絵が出来てない、とかw
 
 
九谷焼コラボ第2弾
ツァラトラの長皿17000円
おしゃれなんだけど、金額がなぁ...(T.T)
------
 
さて本編は
アクト4-0パルスエットのプロローグ
 
ここで、コーネラのデモール・ゼロの登場なんですが、
なんとあの名前は残っているではないですか!
 
K・A・N
 
カナルコードエリアナイン
 
さらにこのデモール・ゼロの開発にDrバルターにDrビリジアンとクラックが関わっているとか。
クラック?ベルダ?ダイアモンド?
 
 
 
そして、ついにブリッツが消滅?し、新たなる幼生「ショウメ」が誕生!!
 
ということで、アクト4ステージ2−1スプラウト・ソング〜ショウメのオープニングでした

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ