« 『皇帝ペンギン ただいま』(2018) | トップページ | 『きらきら眼鏡』 »

2018年8月30日 (木)

『検察側の罪人』(2018)  ネタバレ注意

新任検事たちに「正義」を説く最上(キムタク)

その教えを胸に検事として活躍する沖野(ニノ)
 
その二人の前に発生した夫婦殺人事件。
 
この犯人としてあがってきた松倉(酒向芳)を見て表情を変える最上。
 
かつて最上が親しくしていた少女が殺害され、犯人として重視された男だった。
その事件は証拠不十分で逮捕されず時効となった。
さらにその前にも未成年で殺人事件を起こしていたこともわかり、今回の事件の犯人にしようとする最上。
 
検事の正義に従って真犯人を見つけようとする沖野。
 
そして夫婦殺人事件の真犯人が見つかるが、どうしても松倉を犯人に仕立てようとして、裏社会を使って画策する最上だった。
 
------
うーん、うまく書けませんね。
 
色々な案件が入り乱れて、うまくあらすじが書けません。
それだけ複雑な話でした。
 
 
ま、キムタクとニノがもう少し直接対決すると面白かったかなぁ。
 
でも見応えのある作品でした。
小説読んでみようかな?
Photo(画像はネットから引用しました)

« 『皇帝ペンギン ただいま』(2018) | トップページ | 『きらきら眼鏡』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155507/67112841

この記事へのトラックバック一覧です: 『検察側の罪人』(2018)  ネタバレ注意:

« 『皇帝ペンギン ただいま』(2018) | トップページ | 『きらきら眼鏡』 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ