最近のトラックバック

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月30日 (土)

『僕が宇宙に行った理由 Why Space?』(2023)ネタバレ注意

日本人が初めて宇宙に行った1990年から31年

元ZOZOの代表取締役だった前沢友作氏が自分の金で宇宙旅行に行ったとき、

ついにここまで来たんだと感慨深いモノがありました

 

しかし、金持ちの道楽感が拭えなかったのです

 

本作では前沢氏と同行した平野陽三が撮影した映像を用いて作られたドキュメント作品です

 

確かに,金を払えば宇宙に行ける

しかし、現代では宇宙飛行士と同じくらい過酷な訓練や身体検査を受け、

合格しなければ宇宙に行くチャンスは得られない

 

その一部始終を見せてくれた

 

そして、それでも宇宙に行ったときには、政治も戦争も関係無い

宇宙から観た地球には国境も何も見えない

 

平和が一番であるとのメッセージを送っていた

観に行って良かった

 

 

それでは皆様、良いお年を!

Whyspace 

 

それにしても、はじめて映画館を貸し切って観たW

贅沢な時間でした

2023年12月23日 (土)

『窓ぎわのトットちゃん(2023)』ネタバレ注意

黒柳徹子の自伝でもある1981年に書かれた本作が令和のこの時代にアニメ化されました

 

あまりにも自由な徹子(トットちゃん)は学校を追い出され、トモエ学園に転校することになった

そこで出会った小林宗作校長はトットちゃんを大らかな心で迎えいれる

「君は本当は良い子なんだよ」

 

我が家にも当時の本がありますが、もう一度読み返してみよう

Photo_20231223171501

それにしても最近涙腺が弱いにかしら?

2023年12月10日 (日)

『宇宙戦艦ヤマト 4Kリマスター版』 #YAMATO #ヤマト

さらば〜地球よ〜 旅立〜つ船は〜

 

というオープニングではじまった「宇宙戦艦ヤマト」の劇場版

4Kリマスター版ということなので、TVで観た画面より、とても綺麗でしたね

K 

恥ずかしながら、劇場で腰を据えて観たのはこれが初めてでした

 

TVで何度も見たような気になっていたのですが、

ワタシの頭の中に残っていた記憶と大きく異なるシーンがちらほらと出てきて、ちょいと困惑していました

 

 

とはいえ、やはり宇宙戦艦ヤマトは素晴らしい!

 

沖田艦長の

「明日のために今日の屈辱に耐えるんだ、それが男だ。」に始まり、

あの重厚な音楽と迫り来るガミラスに対抗する古代や島、真田、徳川、佐渡をはじめとするヤマトクルー

 

そして、古代の魂の叫び

「我々がしなければならなかったのは、戦うことじゃない。愛し合うことだった」

 

そして最後の沖田艦長の

「地球か、何もかも皆懐かしい」

で涙しました

 

 

惜しむらくは、編集の仕方ですね

古代と森雪の仲には共感できず、最後のデスラー襲撃が無いのが拍子抜けでした

 

これまで何度も見てきたけど、TV版と劇場版がごっちゃになってたんだろうなぁ(;´Д`)

 

 

次回は年明け、「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」ですね

 

2023年12月 8日 (金)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT1月号(2024) ネタバレ注意 #FSS_jp

祝!谷明 ジョーカー星団帰還!

そして新作GTM発表!

 

祝!永野護イラスト展開催決定!

 

祝!DESIGNS7発売決定!

 

重大発表3連発!!!

もう、イラスト展開催の告知で狂喜乱舞したところに、

DESIGNS7、そして谷明氏のZAP発表、とたたみかけるようにSNSで告知され、我々星団民は興奮しまくりでした

 

それこそシャフトやパルテノのようにキマッテしまいました

 

 

そして本編は円卓の騎士に続くフィルモア騎士の面々

焦る元老、開かれる最後のカーテン

そして、最後のカーテンを開けたときに開かれる最後の扉!!

 

フィルモアの歴史が動く!

2023年12月 1日 (金)

『首』(2023) ネタバレ注意

今日は映画の日だったので、見てきました

 

うん、北野武監督作品だね

Photo_20231201173801

天下を目指す織田信長(加瀬亮)

謀反を起こした荒木村重(遠藤憲一)の処遇を巡り働き次第で跡目を譲ると言いだし、

明智光秀(西島秀俊)、羽柴秀吉(ビートたけし)、徳川家康(小林薫)、千利休(岸部一徳)らが、

謀略を繰り広げる

 

天下を取るのは誰か?

なんて、歴史上秀吉であることが分かっていますが、

秀吉の狡猾さを描いた作品ですかね

 

村重を匿った光秀を、秀吉とそれを支える黒田官兵衛(浅野忠信)と秀長(大森南朋)は、

村重を匿ったのは家康だとして信長に家康を討とうとさせる

光秀をうまく操って、本能寺で信長を討とうとする

 

本能寺で光秀に襲われた信長は〇〇によって殺され、光秀も「首」を狙った百姓に殺される

しかし,秀吉の前に出された「首」を見ても、秀吉は分からない

 

 

何と言ってやればいいやら

あいかわらずヒトが死に血飛沫が飛びまくる北野作品でした

としか言いようが無いです

 

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ