カテゴリー「漫画・アニメ」の記事

2017年2月26日 (日)

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第1章 嚆矢篇』 ネタバレ注意!!

この宇宙に愛が足りない。

そう愛が...のう、テレサよ。
2202_ip
地球ガミラス連合軍VSガトランティスの闘いが熾烈を極めていた。
古代が艦長を務めるゆうなぎは着実にガトランティス艦を墜としていく。
 
しかし突如登場した大型戦艦の圧倒的な火力に、不利に陥る連合軍。
 
そこに地球防衛軍統括司令副長の芹沢がプランAの発動を具申する。
友軍の絶対的安全を条件に発動を認める藤堂司令。
 
そして放たれるのは拡散波動砲!!
 
すでに竣工していた地球の新戦艦アンドロメダの登場であった。
 ------
 
ガトランティス艦隊を壊滅したアンドロメダだが、かろうじて生き残った大型戦艦が地球に特攻を目論む。
浮き足立つ地球防衛軍司令部。
 
唯一、ガトランティスの特攻に気づいた古代は、ゆうなぎ艦頭を大型戦艦にぶつけるもその勢いが止まらない。
 
そこに届いた、緊急通信。
 
それは真田からであった。
そして地球海底から放たれるショックカノン!!
 
コスモリバースの依り代になったヤマトを起動させ、主砲を発射して大型戦艦を消滅したのだった。
------
 
ということからはじまり、この後、旧ヤマトクルーだけが何かを感じ、声を聞く。
その声の詳細を調べる真田。
アンドロメダ型戦艦の開発の胡散臭さと、いまだ蔓延るガミラスと地球のわだかまり。
そしてその声の正体?を知るガミラス大使バレルは、駐在武官クラウスに命じて、秘密裏に古代と接触し、月にあるガミラス大使館に来るように告げるのだった。
 
------
という話しから始まった2202。
前作2199の時にちょい役で出てきたガトランティスですが、本編終了後に上映された「星巡る方舟」(ブログ記事)にて、クローズアップされ、そして続編制作決定!!
 
となったわけです。
続編は「愛の戦士たち」ということで、「白色彗星」とあのパイプオルガンの名曲が早速流れています。
2199のイスカンダルへの旅で沖田を始めとする戦没者を讃える「英雄の丘」でのシーンは、まさに旧作の「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」を彷彿するものです。
 
さらに「第1章 嚆矢篇」の主題歌は沢田研二の「ヤマトより愛をこめて」!!
 
うん、これで最後は金色のヤマトクルーの登場か?w

2202_i

------
第2章 発進篇
ということで、これから新たな旅が始まります。
何とか頑張って最後までついて行きたいと思います。
2202_ii

2016年10月24日 (月)

銀河鉄道999の車掌さん−合掌 肝付兼太氏ースネ夫

銀河鉄道999の車掌さん、旧ドラえもんのスネ夫など数々の声を当てられていた声優の肝付兼太さんが亡くなられた。

 
今日の仕事中の合間にみたネットニュース。
 
はじめはふーん、とだけ思ったのだが、頭の中で情報が整理された途端に感じたショックと脱力感。
 
ああ、もうあの車掌さんの「次の停車駅は○○、停車時間は...」というアナウンスが聞こえないのか。
 
「のび太のくせに〜」という嫌みなセリフも。
 
ワタシがこうしてネットの世界にいるのも、銀河鉄道999ならびに松本零士大先生のファンサイトの皆さんと知り合ったからなのですが、もう35年近い付き合いになった銀河鉄道999のファンだったからなのです。
 
あの頃、TV版、劇場版、原作版と様々な形で999を見ると鉄郎とメーテルと車掌さんは必ずいたんです。
変わること無く、そこに居たんですよ。
 
車掌さんといえば、はじめは堅物かと思いきや、「C62の反乱」でも見せたように、おちゃらけた姿も見せてくれました。
「さよなら銀河鉄道999」で正体(透明人間風の本体)が明らかにされても、制服を着ると松本キャラにあるずんぐりした体型は愛嬌がありました。
 
そして肝付さんの声は、正に車掌さんでした。
原作を読んでいても、あの声で再現されるのです。
 
でも、もう二度とあの声で「鉄郎さん、早く早く〜」と客車から叫ぶ声が聴けないのかと思うと悲しいです。
 
他にもいろいろなキャラの声を当てていたそうですが、ワタシにとっては銀河鉄道999の車掌さんでしかありません。
 
遠く時の輪の接する所で、旅を続けて欲しいものです。
 
とりとめなく書いたので、変な文章ですが、ご容赦下さい。
 
合掌
Img_0720

2016年9月19日 (月)

『こち亀展in日本橋高島屋』 ネタバレ注意

1976年9月から連載が開始されて40年。

単行本200巻を持って連載が終了した「こち亀」こと、
 
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
 
先日、連載40周年を記念して、神田明神にこち亀の絵巻が奉納されるというめでたいニュースがありました。
が、その直後、40周年200巻をもって連載終了すると、作者の秋本治先生の発言がありました。
 
これまで、週刊少年ジャンプを読み出してから40年近く。
こち亀の存在は不動の安定さを感じていました。
なにせ、秋本先生は40年間一度も休載してないそうですし。<スゴっ!!
 
------
ハチャメチャな警官 両津勘吉と同僚の中川、麗子、上司の大原部長
そして時々出てくるその他の警官仲間、特殊刑事、遊び仲間、幅広な親類
 
また、その時代の流行を取り込んでみたり、昭和の葛飾亀有を中心にした下町情緒たっぷりな話など、多種多様な内容で楽しませて貰いました。
 
そんな中で、日本橋の高島屋で行われている「こち亀展」ですが、無理して行ってきて良かったです。
00_2なお、会場内は一部写真撮影可です。
流石に原画コーナーはアウトです。
------
 
漫画作品の展示なんで、当然、原画展示があるわけですが、代表的なエピソードの原画があるわけですよ。
勝鬨橋を開けた話、昔あったおばけトンネルのエピソード、下町の祭りにちなんだ作品などなど
さすがに列は流れませんね。
 
奥に行けば若干空いてきますが、連載開始1976年から2016年までの社会情勢とこち亀の騒動の歴史を振り返ることができます。
 
さらに度肝を抜かれたのは、両さんがこれまで稼いだり損失した金額の総額が圧巻!
(写真を後ろに置いておきますので、こち亀展会場で見たい人は注意)
 
------
今回の目玉は神田明神に奉納された絵巻と、こち亀展のために書き下ろされた新作の原画。
 
絵巻は、会期の前半後半で半分ずつの展示ですが、展示していない部分のカラー複製もあるので全部見られます。
構想、制作に1年とか。
 
新作も、最期に相応しいホロリとくる作品でした。
連載と単行本の最終話のオチは違えど、はちゃめちゃ感たっぷりでしたが、こち亀展の新作は中川、麗子に対する○○な話で、単行本にも収録されないので、必見だと思います。
 
------
今月、来月は仕事とプライベートで忙しいのですが、無理して行ってきて良かった。
時間の都合が付く方は、是非足を運んで下さい。
9/26までですが、大阪かどこかでもやるそうです。
01 02 03 04
 
 
05

2016年5月 4日 (水)

いづみっくすさんに行ってきました

JR川口駅そばに、宇宙戦艦ヤマトのファンの聖地のようなカフェがあります。

「いづみっくす」さんという、徒歩5分ぐらいのお店です。
 
これまでお友達のExcaliburさんから、再三お誘いを受けていたのですが、なかなか都合が付かず。
ところが何と今月中で閉店されるとのことで、GW中にお伺いしてきました。
------
中に入ると宇宙戦艦ヤマトのBGMと、所狭しと並ぶ数々のグッズ。
そしてプラモデルの数々。
Img_0120
こどもの日を前にして、沖田艦長が出迎えてくれています。
コチラのお店は、宇宙戦艦ヤマトのファンである店長さんが、所々に小ネタ大ネタを交えてあり、私たちのようなマニアを喜ばせてくれるお店でした。
Img_012301
で、料理もとても美味しくて、写真を撮り忘れてしまいましたが、流星爆弾(肉団子)入りのパスタや、ビーカーに入ったヤマトカクテル。
そして可愛らしいネコの絵を描いたデザートなどなど、お腹いっぱい。
Img_012401
------
ヤマト2199上映時は、Excaliburさんを始めとするヤマトファンの皆さんが出入りして盛り上がったり、上映会などイベントをやったり、お店にはテラス席もあって、模型制作会なんかもやっていたということで、楽しげなお店でした。
Img_012501
 
今回の閉店は戦略的撤退のようですので、いつの日か復活された際には、首に縄をかけられながら、お邪魔したいものです。
 
いづみっくすさんの公式HPはコチラです。
今更ながらですが、是非ご覧下さいマセ。
------
最期に、JR川口駅そばの第2バレラスと総督府ですw
Img_012701

2015年9月28日 (月)

『生命大躍進展』と『大河原邦男展』(150917付)

いろいろと事情があって、ようやっと行ってきました。

 

まずは「生命大躍進展」in科学博物館

生命誕生から今日至るまでの、生物進化の流れを紹介する展示です。

00

カンブリア大爆発のスター「アノマロカリス」

これまで本体と思われていた付属肢を含む化石は見事でした。

03ちなみに、これが口と付属肢です。

05

 

それにしても「ピカイア(上)」や「ハルキゲニア(下)」をはじめとするバージェスモンスターは小さいんですねぇ。

01 02

 

こうして海中から陸上進出、そして哺乳類や人類の誕生をたどってきました。

 

あ、そうそう。

科博の常設館(地球館)が改装されて、ティラノサウルスはこんなんなりました。

04

 

―――

で、科博を出てくると強雨。

その中を移動して、上野の森美術館へ。

 

あのガンダムやダグラム、ボトムズなどをデザインしたメカニックデザイナー大河原邦男氏の特別展。

会場内は撮影禁止だったので、会場内の様子は無いのですが、ガンダム以前のゴーダムやヤッターマンなど懐かしい作品やら、お馴染みのガンダム。

そしてダグラムの準備稿やらボトムズの世界観など、見事なイラスト群でした。

 

ロボットだけで無く、グリコのおまけもデザインしていたんですね。

 

また、場内VTRではゼロからガンダムを描いて着色していくシーンがあって、カラーイラストも見事でした。

 

残念ながら限定品のダグラムプラモは売り切れでしたが、実に濃厚な展示会でした。

 

以前の「ガンダム展」(当ブログ記事)と併せて見ると、なお大河原邦男氏の凄さが実感されますね。

 

こちらは、代表的なメカニック勢揃いです。

Img_89030

2015年7月25日 (土)

『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』

またまた行ってきました、六本木ヒルズ。
最上階で行われたこの展示。
 
基本的に1stガンダムの展示でした。
企画時のガンボーイの設定、MSや人物の設定、絵コンテ、原画といった所でしょうか。
 
興味深かったのは準備稿での人物像ですが、始めは異星人との闘いを企画していたんだそうな。
その名残なのか、ザビ家の男がみんな禿<ガルマは違うけど。
ギレンの頭が禿wこれは面白いです。
ドズルの眉間のV字傷?がギレンにもデギンにも、ガンドレー(誰それ?)にもある。
 
それからWBのクルーにも色々あって、ミライさんはエイランド(八洲)からヤシマになったんでしょうね。
アシリア・マスって誰?うそうそ。
八丈志麻って誰?この娘可愛いけど未登場。
------
入場すると、いきなりWBのブリッジに連れて行かれた民間人扱いです。
ここで大気圏突入シーンを見せられる。
結構リアルです。
 
で、上述のように企画時のガンボーイの原稿や、MSデザインが出てきます。
ここでも面白かったのは、トミノさん?の机のまわりに飾られていた壁紙。
MSのデザインで、ジュアッグやアッグ、アッグガイ、ゾゴックなどが描かれていたんですね。
その片隅に「やられメカ ハクジ」ってあったのですが、それがギャンなんですw
やられメカは無いよなぁ。
------
原画は、その完成映像とともに展示されていましたが、見比べてみると面白いですね。
それにしても「日常」のシーンでなぜフラウボウの風呂?
 
------
それにしても、ここまで文章だらけで見づらくて申し訳無い。
ここまで撮影禁止です。
 
最後の完成稿のイラストと模型作例は撮影可でした。
こんなんとか。
03 04
金銀ガンダム。
02
アッガイさん。
05 06
などなど。
 
もう少し前半の方でも撮影したかったけど、こういう展示会は仕方ないね。
------
グッズ売り場では当然のごとく、限定ガンプラ。
こんなん買ってしまいました。
01
ああ、また積んだままになるんだろうなぁw
 
なお、この展示会、入り口から売り場まで、Uターン禁止。
レジをしたら追い出されますので、購入はよく考えて。
9月27日までです。
 
展示会場のそばの飲食店ガンダムカフェでは、こんなレイアウトが。
07
一体、何個あるんだろ?
------
なお、六本木ヒルズ敷地内では、コカコーラがただで飲める販促イベントや、テレビ朝日のお祭りもやってます。
08 09
暑い時に飲むコーラは良かったです。

2014年12月 8日 (月)

『宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟』ネタバレ注意!

ついにこれが最後になってしまうのだろうか?

  
Yamato2199
 
2012年4月、宇宙戦艦ヤマトがリメイクされた。
OVA企画かと思いきや、映画館での上映に始まり、TV版としても放映され、そして総集編とも言える劇場版1作目「追憶の航海」(当ブログ記事)を経て、完全新作である本作が公開と相成った。
 
本作の特色はガトランティスの登場でしょうか。
あの「さらば」で登場した白色彗星帝国ですよ。
TV版のときから、あのBGMと大帝というセリフから、続編への期待は大きかったんですよね。
 
で、当然ズォーダー大帝は出てこないものの、側近のサーベラーが出てきます。
さらに空間騎兵隊の斉藤も登場するので、ますます「さらば」との関連が取りざたされます。
 
しかも「ア○ーリ○ス」?
------
ストーリー
 
イスカンダルでコスモリバースシステムを受領した帰り道、ガトランティスのゴランの横やりを受ける。
その猛攻の中、窮地を脱するヤマトだが古代文明の中に迷い込んでしまう。
 
調査に向かった古代達は閉鎖空間に立ち入ってしまい、そこで、七色星団戦で戦ったドメルの部下、バーガーらと遭遇する。
ヤマトとガミラスの奇妙な共同生活を送る中、技術科員の桐生美影はジレル語の呟きを聞く...
 
てなところですが、あとのストーリーは実際に映画館で見て下さいな。
 
------
20141208230828012
今回の戦利品はメカコレ ヤマトとランベアのクリアver.です。
 
それにしても約3年間、良く映画館に通ったなぁ。
近所でやって無くて、車で1時間かけて柏まで毎回のように通った。
本作は幕張でもやってるんだけど、折角ここまできたのだから、最後も柏だよな。
 
もし続編があるならば、また柏に行くことになろうが、とりあえずはお終い。
 
 
------
んで、ネタバレ
 
 
 
 
あのオープニングの登場人物は「さらば」への伏線かな?
それにしても、あの思惑ぶりなヘルメットの墓標は月面での出来事だったのか。
 
本作は桐生と航空隊の沢村が目立ってたかな?
あとはバーガーとバーレンじーさん。
どーやって生き延びたんでしょ、七色星団で。
 
ヤマトクルーやガミラス、デスラーなどTV版のキャラはほとんど出番無し。
ま、古代と森雪の撮影シーンは出てきたけどね。
 
それにしても、なんで仲間割れするキャラって似通うんでしょうか?
ゼーリックとゴラン。
結末までも、そっくり。
 
で、あのTV版最終話の沖田の最後のシーンは出てきません。
でも、あれはやはり「追憶の航海」ならびに「星巡る方舟」のどちらに出てこなくても正解ですね。
 
沖田の最後のシーンは、本作を見た後にもう一度本編を見直すと、なおさら感慨深いものに写るような気がします。
途中に本作のようなエピソードがあったとしても、イスカンダル編の最後は沖田のシーンで締められるんですよね。
 
 
どちらかというと、本作は今後に繋げるための布石なんじゃないでしょうか?
 
アケーリアスってアクエリアス?
としたら完結編との繋がりもあるのかなぁ?
テレサもジレルと関わりがあるのかなぁ?
そんなことを考えていますが、通の人達からお叱りを受けそうだなぁ。
 
------
今回のサービスカットは桐生。
あとはガミラスの新キャラ ネレディア姐さんのドレスかな。

2014年10月13日 (月)

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』ネタバレ注意!

いよいよヤマト発進!

Yamatotsuioku
ってなことで、年末に新作「星巡る方舟」が公開される前に、TV版というか昨年までの全7章を編集したダイジェスト版みたいなモノが公開されました。
てっきり、昔の「宇宙戦艦ヤマト」の劇場第1作目のようにTV版の編集かと思いきや、大胆なアレンジでしたね。
------
いきなり冥王星作戦から始まりました。
でも、これだと本作を観ておさらいしてから、新作を観るという初見の皆さんには優しくない作りでしたね。
何せ主人公?の古代くんをはじめ、どれが誰なのか、ワカラン。
いきなり出てきたデスラーですら、あれは誰?みたいな扱いだし。
それからラスト!
あれはないでしょ〜!
------
噂によると新作は、本編の帰り道に起こった出来事のようなので、新作のラストはちゃんと締めくくってくれるのなら良いですけど。
本編DVDを全部買う予算は無いから、総集編で我慢しようかなぁ、と思ったけど微妙〜。
とりあえず年末の新作を観て、それから本作を再度批評しようかとおもいます。

2014年9月 7日 (日)

『ルパン三世』(2014 実写版)

あのルパン三世が実写化された!

って、昔やったらしいですけどね。
今回は小栗旬がルパン三世で監督が北村龍平(GODZILLA FINALWARS)
次元(玉山鉄二)、五エ門(綾野剛)、銭形(浅野忠信)
峰不二子は黒木メイサ!
あのちょー有名作なので賛否両論でしょうが、ワタシはOKかと。
あの微妙な言い回し(物まね)を見て、口元がニヤリとしてしまいました。
ああ、ルパンだなぁ、と。
メンバーも良く演じていたと思います。
が、峰不二子は誰がやっても及第点は出ないでしょう。
黒木メイサはキレイ、キレイですけども…
残念なのは、お馴染みのテーマソングやBGMが使えなかったことですが、見ながら脳内補完していました。
------
今回のルパンの車はカリ城でお馴染みのFIAT500をタイロケでは使用してましたが、日本では新型のFIAT500だったので、是非日本でも旧型を使って欲しい。
続編も考えているようですが、もしできれば、お馴染みのBGMで、お馴染みのオープニングを実写で見てみたい。
もちろんMercedes Benz SSK(でしたっけ?)を乗り回してね。
Lupinfiat

2014年8月19日 (火)

『STAND BY ME ドラえもん(3D)』ネタバレ注意

ハッキリ言います。

 
泣くね。
 
ま、ありきたりのドラえもんの話なので、3Dになったことぐらいでしょうかね。
真新しいのは。
 
タケコプターでの飛行シーンやタイムマシンの次元回廊のシーンはキレイです。
 
でも、これなら「のび太の恐竜」の方が感動できたっす。
(「恐竜」と「宇宙開拓史」以外の長編ドラえもんは見てないので、賛否両論はあるでしょうが)
 
Dora
 
ここからネタバレ
「未来の国からはるばると」
「たまごの中のしずちゃん」
「しずちゃんさようなら」
「雪山のロマンス」
「のび太の結婚前夜」
「さようなら、ドラえもん」
「帰ってきたドラえもん」
以上の作品を軸に物語を構成していて、物語のつなぎ方によって、最後にホロっとさせます。
「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督と八木竜一監督のテクニックかねぇ。
 
未来の世界は広告だらけ。
TOYOTAとかPanasonicとか、露骨だったね。
 
あと、青年のび太が妻夫木聡だったけど、青年しずかも水川あさみにすれば良いのにw
それじゃぁイメージと声がずれるか(^^ゞ
 
しかし、のび太くんって、どうしようもないキャラだよねぇ。
実際にいたら大変だわ。

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ