最近のトラックバック

カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2021年10月 8日 (金)

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章-TAKE OFF-』ネタバレ注意

時間断層を失った責任を背負いながら、ヤマト新艦長となった古代

このヤマトは新人クルーの訓練を兼ねながら、ガミラス星とイスカンダル星へ表敬訪問に向かう

 

ところ変わってボラー連邦のガルマン星に降り立つデスラー

滅び行くガミラス星人の避難先として最適であった

ボラー連邦の圧政からガルマン星人を解放したデスラーはガミラス星に戻ることに

 

だが、移民船が次々と旅立とうとするガミラス星に、謎の異星人からの攻撃が始まっていた

 

------

 

ということで、冒頭の話のみあらすじを書いてみました

 

新人クルーは一癖も二癖もありそうだし、土門竜介は不穏分子だし、薮は裏切り者だし

ヒルデはヒスを「おじ様」って呼んでるし、芹沢さんは丸くなるし(特に冒頭のあらすじw)

 

旧作の新たなる旅立ちを、今の2199-2202の時系列で2205としてリファインしたものですね

とは言え、2202は思っていた以上に旧作を改変していたので、2205もどうなることやら

 

でも、見た感想は「良かった!」です

ささきいさおさんの「ヤマト!!新たなる旅立ち」も流れましたしね

 

2205は後章が2/4に公開されるそうです

 

 

ネタバレ注意

 

 

 

最後の古代のセリフwww

2021年8月 8日 (日)

『竜とそばかすの姫(2021)』ネタバレ注意

ようこそ<U>の世界へ

 

仮想世界<U>で歌姫ベルとして注目を受ける 鈴(すず)

現実世界では母を亡くしてから、自分に自信が持てず歌うことができなくなった 鈴 は、

<U>の中では歌うことができた

 

そんなとき、<U>を脅かす存在である 竜 と遭遇し、

その竜の身体に刻まれたキズを見て、そして竜とふれあい、

竜を救いたいと思うようになるベル

 

しかし50億人の会員からなる<U>の中で、たった一人に想いを伝えることが可能なのか?

 

やがて、ベル(鈴)の想いは、現実世界の中で奇跡を起こす

 

------

 

とまあ、細田守監督の最新作ですが、これまで『サマーウォーズ』や『バケモノの子』などがあっても、まったく食指が動かなかったんですよね

ま、新開誠監督の『君の名は』なども見てないので、本来なら観に行かなかったでしょうね

 

番宣や予告を見て、主人公が歌姫ということで、ちょっと琴線に触れました

 

で、時間が取れたので観に行きましたが、

 

良かった!

 

所々、「美女と野獣」や横山光輝先生の作品風のキャラ達が登場し、

何かレトロ感もありましたが、仮想世界<U>の圧倒的な映像美や、現実世界とのギャップ、

そして 鈴 を取り巻く人間模様にのめり込みました

 

そして、あの哀愁?漂うベルの唄

 

クライマックスのベル=鈴が歌うシーンに、ジーンときました

 

------

 

実際のネット社会で、<U>のような仮想世界があったら、ネット廃人というか、戻って来られないヒトが増えるだろうな、と感じたのも事実

 

そして、最後に本体をさらけ出して唄うシーンは、騒動が沈静化した後の 鈴 の生活は一変するだろうな、と心配です

Photo_20210808170901

 

 

 

------

 

ここからさらに、ネタバレ注意です

 

 

竜の本体のような児童虐待は、氷山の一角なのだと思います

表では仲の良い家族を演じ、裏では自分の正義を信じて躾と言う名の虐待をする

そして助けて欲しいと思いつつも裏切られ、ネットの世界に逃避する子供たちがいるだろうと思うと、切ない思いがしました

2020年6月28日 (日)

『風の谷のナウシカ(1984)』

コロナ騒動のおかげで新作封切も延期で、映画館も閉鎖されていました

緊急事態宣言が解除されて徐々にではありますが、映画館も再開されてきました

 

その中で、新作ではなく旧作・名作のリバイバル上映が行われた中に、

『風の谷のナウシカ』

があるじゃないですか!

 

かねてから本作と『ルパン三世 カリオストロの城』、『SW EP4~7』はどうしても映画館で観たかったんです

そして、ようやっと全部叶いました!

 

それこそTVやDVDでは何度も見てるし、ストーリーも分かってるし、

最近のジブリ映画に比べて画質も粗いし、

 

でも、初めて映画館で観たら、もう数分であの世界に引きずり込まれていました

 

タペストリーに書かれている「火の七日間」の紹介とOP曲、

腐海の中を歩く少女と幻想な雰囲気の中現れる王蟲の抜け殻

 

それだけでもうダメです

何度見たであろうこのOPも新鮮なものに感じられました

 

この『風の谷のナウシカ』は映画版と原作版では結末は全く異なります

原作版はある意味、現代社会に警鐘を鳴らし、文明社会の行き着く先を見せつけられています

映画版が封切られたのは、まだ原作は前半までなのに、よくぞここまで素晴らしい作品にまとまった思います

 

ようやっと映画館で観られた本作、まだ興奮が冷めませんね

2019年12月15日 (日)

『ルパン三世 THE FIRST(2019)』ネタバレ注意

あの石川五エ門の井上真樹夫氏が鬼籍に入られたのと同じくして封切られたルパン三世 初の3G

やはり封切りを前にして亡くなられた原作者モンキーパンチ先生も楽しみにしていたとのこと

 

さっそく観てきました

 

おもしろいんだけど、3Gだから見られる内容かな

アニメぢゃ、ちょっとウソくさくなってしまうかも

 

ところでいつからルパン三世はインディジョーンズになったんだ?w

 

----

第二次世界大戦後、日記を厳重に封印して娘夫婦に託したものの、謎の組織に奪われようとしていた

 

そして現代?(どうも昭和の雰囲気が強いんだけど)

莫大な財産のありかが示されているとされるその日記

ブレッソンダイアリーを狙うルパンの前に立ちはだかる銭形

 

と思いきや警備員に扮した少女レティシア

 

紆余曲折の末、日記は謎の組織に奪われ、ルパンとレティシアはその日記を取り返し、謎をあばこうとする...

 

----

という感じで、オーパーツ的な宝と少女、そして謎の組織との闘いは、ルパンの特番などでお馴染みの設定なのだが、ALWAYS三丁目の夕日やヤマトなどの実写版を手がけた山崎貴監督の手腕で違和感のない3Gになったと思います

 

ま、ディズニー映画の影響なのか、少女の目の大きい事大きい事、これだけはワタシは馴染めません

 

それにしてもパンフの写真や予告編を観ると、ルパンの何らかのポーズが出てくるのですが、本編見て参考にしてください

476a27f2dd004fd89036342c8b6d2314 

2015年5月17日 (日)

『DRAGONBALL Z 復活の「F」』

Dbzf

うん、まあまあ面白かった。
考えて見たら、DBの劇場版アニメは初めて見たかも。
 
------
確かに悪役の中では、最もインパクトの強かったキャラだったしね。
鳥山明先生も、原作でF以降のエピソードのあたりから、辞めたがってた感があるから、ご自身もFに愛着があったんでしょう。
 
脚本も先生ご自身で書いていたようですから。
 
復活した後に修行をするFの姿を見てみたかったですが、そんなシーンは一切無しなのが残念。
主人公の2人G父とBの修行シーンは、よく見せるけど、悪役の修行シーンってあまり見せないもんなんでしょうね。
 
しかし1000人の軍隊率いて、対する地球?の戦士は6人。
あのウジャウジャ感は最近の映画ならではですね。
 
地球側は、
宇宙人x2(緑色と銀河パトロールジャコ!)
宇宙人と地球人のハーフ1(弱くなったG長男)
地球人?ってのがx2(鼻が無い坊主と三ツ目の坊主)
そしてあんた年いくつ?な地球のじいちゃん。
 
さすが鳥山センセ、ジャコを出すとはね。
51fzxfvpwl  
人造人間の奥様18も旦那を見てカッコイイって送り出すとは、何という感覚なんでしょ。
 
ま、それにしても
Fcfa7c48
こんなフィギュア作られた彼は、はじめから頭数には入れて貰えませんでしたね。
師匠のじいちゃんの方がまだ強いってことでしょうか?
 
------
昔から、格闘系漫画は強さのインフラ?インフレ?
強いやつを出すと、それを乗り越えるためにさらに強くして、さらに強敵を、の繰り返しで、主人公の2人もゴッド?ってなんですか?
 
で、彼らに勝てるのは破壊神とその召使い?
前作を見ていないから良く分からんけど、この神の集団は神龍以上の好き勝手だよね。
 
だって、最後の○○が△△を遡りして、最悪のパターンを回避させるなんて、ちょーご都合主義?
 
 
------
結論としては面白かったんだけど、ちょっとモヤモヤが残った作品でした。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ