カテゴリー「ニュース」の記事

2016年7月31日 (日)

ウルフ-千代の富士 九重親方死去

小学生の頃、先代貴ノ花が好きだった。

その貴ノ花と入れ替わるように角界の人気者になった千代の富士。
その華奢な身体で通算1045勝。
度重なる肩の怪我を克服するために、肩首まわりの筋肉の鎧を纏っていた。
 
最期は先代貴ノ花の息子である貴乃花(現親方)に、その人気者のバトンを渡し引退していった。
が、千代大海など多くの弟子を育て、角界に貢献していた。
 
晩年はかわいがりやら理事選挙やらきな臭い話題も出ていたのが残念である。
 
それでも現役時代の実績は、今でも色褪せることは無く、大横綱の1人であると言える。
 
そんな千代の富士であった九重親方が膵臓ガンのため亡くなった。
61歳である。
早すぎる(T_T)
 
膵臓は沈黙の臓器であり、おかしいと思ったときには時すでに遅いことが多い。
しかし九重親方は早期の膵臓ガンの発覚で手術をして退院していたというのに、それでもダメだったのかと思うと、改めて膵臓の不調は恐ろしい。
 
九重親方の訃報を聞いて、昭和の歴史がまた一つ幕を閉じた、と感じた。
改めてご冥福をお祈りします。
 
合掌

2014年1月29日 (水)

新たな万能細胞STAP開発 iPSより効率的に!

新たな万能細胞開発 iPSより効率的に 神戸の理研など(外部リンク)

 
先ほど報道ステの冒頭で紹介されていました。
新たな万能細胞STAPが理化学研究所の小保方さんがnature誌で発表したものです。
 
すでに分化している細胞リンパ球に特別な刺激を与えて、ある酸性の溶液で培養すると、細胞が初期化(脱分化)されて幹細胞(*万能細胞)になるというのです。
(*幹細胞、万能細胞;未分化な細胞、言い換えれば受精卵に近い状態)
 
これは凄いことですよ!
 
これまでも電気刺激やら薬品やらの刺激で細胞が初期化される実験はありました。
しかし発生段階でもまだ若い内の細胞であるとか、カエルのような両生類などでした。
京大の山中先生のiPS細胞はヒトの細胞の初期化に成功していますが、これだって遺伝子導入を行った上での培養です。成功率も低いらしい。
 
「外からの刺激だけでは、万能細胞にはならない」
こういった通説を覆し、過去の万能細胞の作成方法と比べても簡単かつ成功率も若干高い。
しかも哺乳類の分化した細胞の初期化なんです。
 
これは本当に画期的なことだと思います。
今回はマウスですが、そのうちヒトにも応用されるかもしれません。
もしかしたらイモリなどの再生芽、植物のカルスのような未分化な細胞を作成して、再生医療が可能になるかもしれません。
凄いことですよ!!
 
ある雑誌のレフェリー(審査員)は「生物への冒涜」とまで言って論文を却下したらしいですが、小保方さん達はさらにデータを集め再度審査員を納得させたそうです。
その努力にも敬意を表します。
 
京大の山中先生も、この発表を素直に褒め称え、今後の検証に期待しているようです。
iPS細胞とSTAP細胞、この2つが日本の再生医療の先端、両輪となって、今後の発展に大きく期待をしながら、続報を待ちたいと思います。
 
------
それにしても小保方さん、30歳とは若いな。
しかも実験中は割烹着ですかwかわいらしいなww

2013年9月 8日 (日)

2020年東京オリンピック開催決定!

今朝5時、IOC総会にて2020年のオリンピック開催地が投票によって決定された。

イスタンブール、マドリードと東京から1次投票で東京が1位通過、同点投票の末マドリードが落選、決選投票で東京が選ばれた。
 
夢うつつの中、4時過ぎからラジオで聞いていた。
で、結果が流れてから二度寝したのだが、また起きたときに夢じゃなかろか、と思ったもんです。
 
午前中に弓の稽古に行ったときもその話題で盛り上がり、年配の方々は前回1964年の東京オリンピックの思い出を語ってましたね。
 
------
ワタシは今回も多分落選するだろうと思ってたんです。
やはり福島原発がまだまだ先が見えない闘いが続いています。
 
プレゼンでは安倍総理が言いくるめたというか、自信満々に言うから皆が信じたんですよね。
 
だからこそ、今度こそ政府には原発対応をしっかりして欲しいものです。
 
------
ワタシは東京でオリンピックをやることには賛成です。
いろいろと問題は山積みですが、2020年が締切なんです。
先が見えていれば、様々な問題も解決しやすいのではないでしょうか?
お先真っ暗での問題解決は難しいですよ。
 
2020年に東京でオリンピックをやることは決定したんです。
だからこそ、皆で協力して日本を良くしていきたいと思いませんか?
 
 
 
なんて、偉そうなこと言ってますけど、その時には幾つだ?アラフィフ?

2013年5月27日 (月)

すごい80歳だ! 三浦雄一郎氏エベレスト登頂!

凄いですよねぇ。

80歳で世界最高峰エベレストに登頂成功。
そして世界最高齢記録となった。
ワタシはfacebook公式HPにて動向を注目しておりました。
981486_305595086242003_1930305302_o
この写真は公式FBから転用させて貰いましたが、凄い景色です。
でも動画を見ると苦しそうな呼吸をしているので、過酷な世界であることが印象づけられます。
野口健氏が講演(当ブログ)でも話していたのが、エベレストは下山の方が過酷で、仲間を何人も亡くしてきたとのこと。
だからこそ三浦氏が登頂成功してからベースキャンプBCに帰ってくるまで不安でした。
元気とは言え80歳、体力の消耗も激しく、当初の予定よりゆっくりペースでの下山。
そしてC2キャンプにたどり着いたときには、それより下のアイスフォールでは氷の壁の崩落により不通となり、そして今の体力ではアイスフォールを乗り越えることができないと判断して、ヘリコプターを利用しての下山となりました。
BCでの三浦氏の元気そうな姿、そして首都カトマンズでの記者会見での元気そうな姿に一安心。
一応アイスフォールも修復され、他のスタッフやシェルパ達も無事BCまで下山できたそうだ。
三浦氏は、もう登山は良いとのことですが、ヒマラヤの別の山の頂上からスキーで滑り降りたいですと。
凄い80歳だわ。
とにかくめでたい!登頂成功おめでとう!!
------
さて、今回三浦氏はBCまで自分で下山することはできず、ヘリでC2からBCまで移動し、それから首都カトマンズまで移動したそうだ。
以前、イモトアヤコ氏がマッターホルンを登頂した後に頂上からヘリで下山した時に、賛否両論であった。
確かに自分の足で降りることが一番大事なのは確かである。
でも、三浦氏にしろイモト氏にしろ、自分の足で登頂したことは確かだし、その評価が覆ることはないでしょう。
そしてネパールの81歳男性がエベレストに登頂する予定であるそうだ。
前も三浦氏が75歳で登頂したときに76歳で登頂し、世界最高齢記録を達成しているそうだが、今回も登頂を目指してそろそろアタックするそうだ。
登頂成功したら凄いことだ。
どうか無事にミッションを果たしてもらいたい。
三浦氏の記録は抜かれたとしても、80歳と81歳。
凄いじーさんズではないか。
素直に応援したい。
どうか無事で。

2013年3月11日 (月)

銭形警部役 納谷悟朗さん死去

え?嘘だろう?

一昨日、ルパン三世展見に行ってきたばかりなのに、なんて言う偶然。
確かに一昨年、ルパンと次元以外の声優さんが世代交代したけど、まさかこんなに早く逝かれるとは思わなかった。
誰がルパンを捕まえるんですか、銭形のとっつあん!
…謹んでご冥福をお祈りします

2012年12月 6日 (木)

びっくり 中村勘三郎さん死去

ワタシはこれまで、数回歌舞伎を見に行きました。

でも、勘三郎さんが歌舞伎を分かりやすく紹介してくれなければ、見に行くことはなかったでしょう。

ご冥福をお祈りします。

それにしても57歳は早すぎる。
一度、勘三郎さんの歌舞伎を見たかったなぁ。

2012年6月29日 (金)

ちいちい安らかに

ちい散歩でおなじみの地井武男さんが心不全で亡くなったそうな。
突然なことでびっくりしたぁ!

今年初めまでちい散歩やってたのに、まさかこんなことになるなんて。

ご冥福をお祈りします。

2012年5月20日 (日)

怖いですねぇ

Yahoo!見てたら、こんなニュースが。

<人骨>犬が頭蓋骨くわえ帰る(外部リンク)

大阪府で飼い犬が庭で人の頭蓋骨をくわえているのを飼い主が発見したそうです。
犬はこの日、放し飼いにしていたため、骨がどこにあったかは不明とのことですが、いったいどこに本体が眠っているんでしょうか。

いきなり飼い犬が庭で骨をいじっていたら怖いですよね。
それがまさか人の骨だとは(((>_<)))

2012年4月23日 (月)

酷い

最近、酷い交通事故が続いてます。

今朝も京都で通学中の小学生の列に車が突っ込み、児童1人と保護者1人が死亡。

さらに保護者は妊婦で、お腹の子も死亡したそうだ。


しかも容疑者は18歳少年で無免許だった。
同乗者も二人いて夜通し走っていたらしいが、スピードも大分出していたとか。

先日も祇園で大事故があったのに、何も感じなかったのだろうか。

お腹の子も含めたら、三人も死なせてしまったことをどう感じているのだろうか。


自分も皆さんも気をつけて運転しましょう。

2012年4月13日 (金)

いろいろ

今日はいろいろありましたねぇ。

北の国から発射されたロケットという名のミサイル。
打ち上げ直後、上空120kmで爆発。
打ち上げ失敗と報道されました。

打ち上げ前から、あのロケットという名のミサイル<えーい、くどい
のチャチさや、衛生の貧相さに、世界中で失敗するだろうと思われていたけど、案の定。

これで関係者の処分と、核実験への移行にならなければよいのですけどね。

------

続いて、結婚詐欺連続不審死事件ですが、先ほど極刑の判決が出たそうで。
決定的な証拠が出ていないので、もやもやっとした感が拭えません。

真実はどこにあるんでしょうかね。

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ