最近のトラックバック

カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2022年7月30日 (土)

『JURASSIC WORLD DOMINION ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』(2022)

1990年マイケル・クライトンの小説『JURASSIC PARK』

これはかなり衝撃的であった

 

琥珀に閉じ込められた蚊の化石から,恐竜のDNAを抽出し、現生のハ虫類と組み替えて、恐竜を再生するという話は、当時の古生物学者や遺伝子工学者のトピックとなった。

 

私は大学生の頃、「なぜお前がこの小説を読んでいない?」と周囲から勧められて読んだら、衝撃を受けた。

そして、自分の研究としてDNAの分子系統解析を進めてきた。

蝶々と恐竜、方向性は違ったが、自分のやりたい研究を進めることができて、幸せであった。

 

 

さて、1993年に『JURASSIC PARK』がスピルバーグ監督の手により映画化された。

映画館で見た恐竜たちのリアルさに、度肝を抜かれたものである。

 

ブラキオサウルス、ヴェロキラプトル、トリケラトプス、ステゴサウルス、、、

そしてティラノサウルスレックス

 

あれから30年

『JURASSIC PARK』は『JURASSIC WORLD』と題名を変えて6作が公開されてきた。


『JURASSIC WORLD』の全2作はいまいち気乗りがしなかったが、前作「炎の王国」(当ブログ記事)のラストで、世界中に放たれてしまった恐竜たちと人類の共存について本作では描かれていた。

 

『JURASSIC WORLD』の出演者、恐竜使い?オーウェンとクレア、そしてラプターのブルー親子!

『JURASSIC PARK』の出演者、恐竜の研究者アランと古生物学者エリー、そして数学者のイアン

さらに彼らを結びつけるのが、前作に登場したメイジー

 

そして、これまでの作品に登場してきた恐竜たち!

 

まさしく『JURASSIC PARK』シリーズの集大成と言える作品となったと言えよう


 

封切り二日目なので、これ以上は書きません

是非、劇場でご覧下さい

 

2022年5月13日 (金)

『シン・ウルトラマン(2022)』ネタバレ注意

今からあなたの目と耳は、あなたの身体を離れて...

 

ということで、封切り初日に観に行ってきました!

 

これまでの特報でネロンガやガボラ、ザラブとメフィラスが登場することはわかっていたんですが、

何と!

あれやこれや、それやあれも登場するとは思いませんでした

 

しかも、あの外星人まで!

 

 

流石、庵野秀明と樋口真嗣と言った二大オタク巨匠!

ツボを押さえてるねぇw

 

 

上映中、もう一回は見に行きたいなぁ

 

 

 

ということで、ここからネタバレですけど、

 

 

シン・ゴジラと繋がりがあるんじゃ無いか?っていうキャスティング(政府の男)w

 

長澤まさみのセクシーショットww

 

モーションアクター、やっぱりかwww

 

 

 

そんなに人間が好きになったのか、リピア

Ultraman1

 

 

 

2022年1月16日 (日)

『CRY MACHO クライ・マッチョ(2022)』ネタバレ注意

Cry-macho  

A story of being lost... and found.

Just people trying to be macho to show that they've got grit.

That's about all they end up with.

 

はじめに言っておきます

クリント・イーストウッドに西部劇やダーティー・ハリーを求めるならば期待できない

 

しかし、近年の『グラン・トリノ(2008)』や『運び屋(2018)』のように、

かつての栄光も無く、老いて朽ちていく、のではなく、

自分を生きようとする姿が見たければ本作は相応しい

 

 

落馬事故から落ちぶれていたマイク(イーストウッド)が、かつての雇い主の恩義に報いるために、

メキシコまで雇い主の息子ラファを迎えに行く

ラファは母親に引き取られていても恵まれず、相棒の闘鶏マッチョと賭け事に明け暮れるが、

マイクとラファは二人旅で次第に打ち解けていく

途中で立ち寄った街で会ったマルタやその家族と穏やかな日々を過ごすが、

彼らの前にメキシコ警察や追手が迫ってくる

 

先に進むべきか、留まるべきか、人生の判断に迫られる

 

 

人は誰もがマッチョ(強がり)に見せようとする

それより大事なものが他にある、それに気づいたときには遅すぎるんだ

 

 

この企画は40年も前にあったらしいが、イーストウッド自身は若すぎるから他の役者にやらせようとしていた

結局、企画は流れたが、今になって改めて、自分が演じることができると思ったそうな

冒頭にも書いたけど、荒々しい姿ではなく、たとえ老いても、帰る(変える)ところがあるのだと、

齢91歳のクリント・イーストウッドがその姿で教えてくれる

そんな気がしています

 

 

2021年10月 8日 (金)

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章-TAKE OFF-』ネタバレ注意

時間断層を失った責任を背負いながら、ヤマト新艦長となった古代

このヤマトは新人クルーの訓練を兼ねながら、ガミラス星とイスカンダル星へ表敬訪問に向かう

 

ところ変わってボラー連邦のガルマン星に降り立つデスラー

滅び行くガミラス星人の避難先として最適であった

ボラー連邦の圧政からガルマン星人を解放したデスラーはガミラス星に戻ることに

 

だが、移民船が次々と旅立とうとするガミラス星に、謎の異星人からの攻撃が始まっていた

 

------

 

ということで、冒頭の話のみあらすじを書いてみました

 

新人クルーは一癖も二癖もありそうだし、土門竜介は不穏分子だし、薮は裏切り者だし

ヒルデはヒスを「おじ様」って呼んでるし、芹沢さんは丸くなるし(特に冒頭のあらすじw)

 

旧作の新たなる旅立ちを、今の2199-2202の時系列で2205としてリファインしたものですね

とは言え、2202は思っていた以上に旧作を改変していたので、2205もどうなることやら

 

でも、見た感想は「良かった!」です

ささきいさおさんの「ヤマト!!新たなる旅立ち」も流れましたしね

 

2205は後章が2/4に公開されるそうです

 

 

ネタバレ注意

 

 

 

最後の古代のセリフwww

2020年6月28日 (日)

『風の谷のナウシカ(1984)』

コロナ騒動のおかげで新作封切も延期で、映画館も閉鎖されていました

緊急事態宣言が解除されて徐々にではありますが、映画館も再開されてきました

 

その中で、新作ではなく旧作・名作のリバイバル上映が行われた中に、

『風の谷のナウシカ』

があるじゃないですか!

 

かねてから本作と『ルパン三世 カリオストロの城』、『SW EP4~7』はどうしても映画館で観たかったんです

そして、ようやっと全部叶いました!

 

それこそTVやDVDでは何度も見てるし、ストーリーも分かってるし、

最近のジブリ映画に比べて画質も粗いし、

 

でも、初めて映画館で観たら、もう数分であの世界に引きずり込まれていました

 

タペストリーに書かれている「火の七日間」の紹介とOP曲、

腐海の中を歩く少女と幻想な雰囲気の中現れる王蟲の抜け殻

 

それだけでもうダメです

何度見たであろうこのOPも新鮮なものに感じられました

 

この『風の谷のナウシカ』は映画版と原作版では結末は全く異なります

原作版はある意味、現代社会に警鐘を鳴らし、文明社会の行き着く先を見せつけられています

映画版が封切られたのは、まだ原作は前半までなのに、よくぞここまで素晴らしい作品にまとまった思います

 

ようやっと映画館で観られた本作、まだ興奮が冷めませんね

2019年12月21日 (土)

『STAR WARS THE RISE OF SKYWALKER スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』字幕 2D ATMOS ネタバレ注意

観た!

終わった!

終わってしまった!

 

賛否はあるかもしれない

あれはちょっと、というシーンもあるだろう

 

でも終わってしまったのは事実である

見終わって、すぐに立ち上がる事ができなかった

 

是非劇場で見てください!Cdce884861834d65b82e91ae41f64895

2019年12月15日 (日)

『ルパン三世 THE FIRST(2019)』ネタバレ注意

あの石川五エ門の井上真樹夫氏が鬼籍に入られたのと同じくして封切られたルパン三世 初の3G

やはり封切りを前にして亡くなられた原作者モンキーパンチ先生も楽しみにしていたとのこと

 

さっそく観てきました

 

おもしろいんだけど、3Gだから見られる内容かな

アニメぢゃ、ちょっとウソくさくなってしまうかも

 

ところでいつからルパン三世はインディジョーンズになったんだ?w

 

----

第二次世界大戦後、日記を厳重に封印して娘夫婦に託したものの、謎の組織に奪われようとしていた

 

そして現代?(どうも昭和の雰囲気が強いんだけど)

莫大な財産のありかが示されているとされるその日記

ブレッソンダイアリーを狙うルパンの前に立ちはだかる銭形

 

と思いきや警備員に扮した少女レティシア

 

紆余曲折の末、日記は謎の組織に奪われ、ルパンとレティシアはその日記を取り返し、謎をあばこうとする...

 

----

という感じで、オーパーツ的な宝と少女、そして謎の組織との闘いは、ルパンの特番などでお馴染みの設定なのだが、ALWAYS三丁目の夕日やヤマトなどの実写版を手がけた山崎貴監督の手腕で違和感のない3Gになったと思います

 

ま、ディズニー映画の影響なのか、少女の目の大きい事大きい事、これだけはワタシは馴染めません

 

それにしてもパンフの写真や予告編を観ると、ルパンの何らかのポーズが出てくるのですが、本編見て参考にしてください

476a27f2dd004fd89036342c8b6d2314 

2019年5月31日 (金)

『GODZILLA KING OF MONSTERS』(2019字幕)ネタバレ注意

Fe4c3f0673a34e2ea6ab2701da4a43d7

本日封切りのハリウッド版ゴジラ

初代へのリスペクトといかにも米国による破壊と創造がなされた作品である

 

ある元研究者夫婦と娘の存在を軸に、我らが芹沢博士withモナークと暗躍する環境テロリスト

そしてモスラ幼虫の登場と共に、地球上にゴジラ以外の巨大生物の存在の発覚

環境テロリストによる''モンスターゼロ''の覚醒

 

そしてゴジラ、ギドラ、ラドン、そしてモスラの巨大生物のバトルロイヤル!

 

ストーリーはともあれ、迫力ある怪獣バトルでした。

ーーーーー

 

ここから箇条書きにネタバレ

 

バーニングゴジラ!

驚異の再生力ギドラ

双子!

音楽!

オキシジェンデストロイヤー!!

芹沢博士!

中島春雄さん!

 

 

2019年3月23日 (土)

『THE MULE 運び屋』(2019) ネタバレ注意

2011年87歳で逮捕されたコカインの運び屋レオ・シャープ
ニューヨークタイムズの記事を元にしたシナリオを読んだクリント・イーストウッドが、
「この役をほかの誰かに譲りたくなかった。ほかの誰かの演出で演じたくもなかった。だから両方を自分でやったのさ」
(パンフより)
退役軍人でデイリリーというユリの園芸家が、インターネットビジネスに破れて農園経営に行き詰まる。
その時に知り合ったメキシコ人から運び屋の仕事を斡旋してもらう。
しかも、87歳の高齢で安全運転、無事故、無違反で、麻薬の運び屋には到底見えない。
最終的には逮捕されるのだけど、同じ世代のイーストウッドには共感するものがあったのだろう。
「私は(自分の)爺さんが好きだった。あんなふうに年を取りたいと思った。それからだいぶ経った。私はあんな爺さんになれたかな・・・」
(パンフより)
これがイーストウッド監督が90歳になっても映画を撮り続ける理由なのだろう。
------
退役軍人でデイリリーというユリの園芸家アール(イーストウッド)
仕事にかまけて家庭を犠牲にし、娘の結婚式も欠席し、家族から見放されていた。
農園を差し押さえられ、孫娘のパーティーに出席した際に知り合った男からカネになる仕事を斡旋される。
家族との仲を修復するために、運び屋の仕事を引き受ける。
大金を手にして農園を取り戻し、何回も仕事を成功させ組織のボスにも気に入られる。
しかし、妻の余命がわずかとなって、運び屋の仕事を投げ出して妻の死を見送る。
組織から、そして警察からも狙われるアール。
それでもこの老人は走りつづける。いったいどこへ向かって、なんのためにー。
------
クリント・イーストウッド監督は、年相応な作品を作り続けてきた。
特に「グラン・トリノ」なんてのは、まさに晩年のクリント・イーストウッドだなぁ、と思っていたのですけど。
本作は、さらに輪をかけて、「老い」ということについて、問うている作品なのではなかろうか。
痩せ細り、背中が曲がっている。
しかしオシャレで軽妙なジョークを話し、時には自分の失敗例を若い人に語る。
「自分の人生を生きろ。俺のようになるな。俺の言うようにやれ。」と。(パンフより)
こういう爺さんになれるだろうか。
そう考えさせられた作品であった。

2019年2月22日 (金)

『翔んで埼玉(2019劇場版)』 ネタバレ注意

のっけから「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」

 
と言うセリフで有名な、超埼玉ディスり映画です。
 
原作は「パタリロ」で有名な魔夜峰央の作品ですが、82年の作品なんですね。
知らなかった。
 
ブックオフで原作は読んでたんですけど、あまりのくだらなさに笑ってしまいました。
 
それが実写映画化されるなんて,どうなるんだろうと思ったんですけど。
 
 
 
もう、爆笑必至!!
 
原作の真夜ワールド炸裂でした。
作者も面白かったと申してます。(パンフより)
 
それにしてもGACKTを高校生にするとは、なんつーキャスティング!
 
竹内英樹監督は「テルマエ・ロマエ」の監督と聞いて、納得でした。
 
しかもお涙頂戴なシーンもあるし!
 
もう傑作です。
 
是非、劇場でどうぞ!
 
 
------
ちょっとだけネタバレするけど、埼玉と千葉の壮絶なディスり合い戦争が最高です。
 
これ以上は、ホント黙ります。

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ