カテゴリー「サイエンス」の記事

2017年2月20日 (月)

猛威再び!! 尿管結石騒動記

2017年2月17日(金)夕方より、右脇腹に重い痛みが生じた(;´Д`)

 
帰宅途中の車の中で違和感を感じながらも、そのまま運転。
 
夜20時過ぎに晩飯を食べ、風呂に入るが、少しずつ痛みが強くなる。
さらに家人の入浴中に激しい痛みと冷や汗。
四つん這いの状態で堪えていると、若干収まったので、22時頃就寝。
 
ところが!
 
横になっても痛みは収まらず、さらに酷くなった(>_<)
以前経験した痛み(後述)と似ていたので、家人に頼んで救急車を手配することに。
 
あらかじめ財布と保険証、数カ所の診察カードをカバンに詰め、待機。
案の定、吐き気を催し、トイレにて処理を行う。
 
そうしている内に救急車が到着し、自力で乗り込む。
------
痛みはどんどん酷くなってくる。
 
だが、以前にも経験した痛みなので、そのときに搬送されたT病院を希望する。
 
しかし、救急車はその日の救急当番の病院に行くことが決まりなので、遠方のK病院へ連絡する。
痛みの中、あんな遠くはやだなぁと思っていたら、救急車が満杯で断られる。
 
続けて、希望のT病院に連絡するとそこもダメ。
同じく救急を受け入れているS病院に搬送される事が決まる。
 
ま、近くで良かった。でも痛い。
 
この間、ワタシのわきで家人が救急隊員と、年齢や既往症、服用中の薬などの情報を確認している。
 
以前、父の救急搬送でも感じたが、この間の時間経過がひどく遅く感じられる(__;)。
------
 
意識がハッキリしている分、痛みもハッキリ。
さらに、移動中にどこを走っているのかも大体分かるのだが、早く着け〜着け〜と願うばかり。
 
走ること10分ほどでS病院に到着するときは、担架のまま運ばれる。
 
で、症状を話すとまずはCTを撮ることに。
移動用ベッドでCT室まで移動し、撮影するが、その間も痛い。
 
で、元の部屋に戻ると当番医が病名を告げる。
 
「尿管結石」
 
------
 
やっぱりそうか。
人生3大痛みの一つと言われるこの症状(あとは胆石と膵臓炎とか)
過去に一度救急搬送された時も結石でした。
今回は右の腎臓から膀胱に向かう輸尿管に小さい石が詰まっているとのこと。
 
しかし、このS病院は泌尿器科の常駐医師がいない。(非常勤はいるそうだが)
すなわち、この段階では治療ができないので、痛み止めを処方するだけになった。
 
そう、ボルタレンという名の座薬ですw
 
以前にも経験しているので、すんなりと使ってもらうことに。
女医?ナース?さんにあっさりと注入して貰う。
 
さらに、この大きさなら水分を飲んで押し出す方が良いとのことで、とりあえず点滴も打つ。
 
で寝ること小一時間、痛みが大分引いたので帰れることに。
この時日付変更線突破。
 
救急でも治療費を請求されるので、会計で支払うのだが、夜間なので仮払い。
結局、週明けにCTと点滴など治療費で約1万円となりました。
------
 
次の日は土曜出勤であり、休もうかと思ったのだが、諸事情のため休めず、出勤することに。
幸いにして、座薬が効いているのと、石がずれたのか痛みが軽減しているので、何とか予定をこなすことができました。
 
日曜日も痛みが出ないので、ちょっとだけ弓の稽古w
 
凄いぞ座薬!(-o-)
 
S病院では治療ができないので、今日の午後に早退してT病院に。
もう一度CTを撮影すると、輸尿管に2mmほどの石が存在しているとのこと。
 
ついでに内臓脂肪と脂肪肝も指摘され、注意を受ける(;´Д`)
痛み止めと石を溶かす薬を一ヶ月分と治療費で、約7000円。
 
合計1万7千円と、大出費と相成りました。イタタタ(ToT)
------
 
ワタシはBiologistです。
ただでは転びません。
 
CTの画像データを実費で頂いてきました。
残念ながらWin専用ファイルなので、まだ見ていませんが、見ることが出来たらupしますね。

2017年1月30日 (月)

LASCAUX The Cave Paintings of the Ice Age 世界遺産ラスコー展

上野の国立科学博物館にて2/19まで行われているラスコー展に行ってきました。

00
2万年前のクロマニヨン人が、フランスのラスコー洞窟に書いたとされる壁画を、最新の科学技術で復元したものが展示されています。
 
実物のラスコー洞窟は、1940年に犬と少年によって発見されたものの、多くの見学者と専門家不在の管理のために、カビなどの被害にあい、今日では閉鎖され見学もできない。
01
そんな中で、精密な調査と複写によって、見事な壁画が再現された。
02 03 04
驚くべきは、クロマニヨン人の美的センスとテクニックである。
この展示会では、絵の描き方や顔料、道具などが所狭しと並んでいる。
 
惜しいのは洞窟の再現ではないので、迫力にかけてしまう所か。
できれば洞窟を再現し、狭い暗闇の中での壁画を体験してみたかった。
 
------
ところで、科学博物館の日本館(旧館)のB1Fにはシアター36○という施設があるのはご存じだろうか。
これは愛知万博「愛・地球博」の日本館にて展示された球形シアターである。
Zガンダム以降のコクピットを思い出して貰えると良いかと思う。
 
自分が球体の中心にいて、360度の映像を見ながら、浮遊感などが味わえるものである。
三半規管が弱いヒトにはお勧めできないのだが(-_-;)
 
で、このラスコー展に合わせて、人類の進化の旅を上映している。
その中でラスコー洞窟がちょっとだけ紹介されます。
 
その映像が、ちょっとだけ洞窟内に入ったような感覚を味わえます。
ラスコー展はあと半月の間の開催ですが、この映像を見ることができるのではないでしょうか?
上映予定はHPなどでご確認下さい。

2016年3月28日 (月)

『恐竜博2016 THE DINOSAUR EXPO』

うん、今年もやります、恐竜博!

 
今回の目玉はスピナー!(スピノサウルス)ですかね。
06
恐竜研究の新たな扉をひらく7つのキーワードということで、
1起源、2植物食、3飛翔、4水中進出、5赤ちゃん、6恒温、7鳴き声
 
という項目で、様々な初公開化石やら実物化石やらが紹介されています。
------
おもしろかったのは、まず目玉のスピナーをティラノサウルスと並べて展示しているのですが、双方共にデカイ!
02t
スピナーはiPhone5を横にしても入りきらないぐらいデカイです。
スピナーの背中の帆は、ステゴサウルスのプレート(背中の板)と同じように、放熱や体温調節に使われているとされていたのが、2014年に発見された化石から、水中での安定性のために、帆を使っていたとする仮説があります。
03
今回はスピナーの水生生活をアピールしているけど、2001年公開の「ジュラシックパークIII」でも水陸両用とされていたしなぁ。
ま、あちらはフィクションで、凶暴ともされていたし。
 
------
飛翔のコーナーは、相変わらず中国の独壇場ですな。
今回は羽毛の翼ではなく、コウモリのような皮膜でできた翼を持つイーが展示されています。
01
------
赤ちゃんもカスモサウルスやパラサウロロフスの幼体が展示されていますが、パラサウロロフスはトサカが短い(ほとんど無い)ので分かりづらいです。
 
ワタシの好きな恐竜のパラサウロロフスの成体と幼体が、どの様に鳴いているのかを音声で流しているのが面白いですよ。
05
------
最近では3Dスキャンとプリンターを駆使してレプリカを作っているようです。
時代の流れだなぁ。しみじみ。
イクチオヴェナトルのレプリカです。
04d
化石と説明文を見ながら、ほぼ1時間半ぐらいで回れてしまうので、ちょっと物足りないかもしれませんが、もう少しゆっくり回っても良かったかなぁ?
 
あと、平日の火・水は化石のクリーニングの実演がやってないので、残念です。
もし平日行かれる方は注意して下さいね。

2016年1月22日 (金)

『SEASONS シーズンズ2万年の地球旅行』 ネタバレ注意

7万年に続く氷河期の中で、最も寒かったと言われる2万年前。
北半球の大半を覆う氷の中で、生き物たちは生きていた。
 
その寒さを耐えきった動物の子孫が、今日も生き残っている。
 20160122225252070_seasons
------
というような出だしで、極寒の地を生き抜いたジャコウウシやトナカイ。
暖かくなってきた地球を覆う原始の森にはウマやクマ、シカ、オオカミ、ヤマネコ...
 
大小様々な動物。
カケスやカラスなどの鳥。
 
ヒトの出現は、自然のバランスを崩し、森を破壊し田畑にし、いなくなった動物もいる。
生活サイクルを変えた動物もいる。
そして、ヒトを新たな上位者(縄張りのリーダー?)として、ヒトと共に歩む動物もいるのだ。
 
やがて自らの過ちを認めたヒトは、自然を大切にすることに気づき始めた。
バランスの崩れた自然は元に戻るのだろうか?
 
------
というような感じの話です。
今回は森林を中心とした自然界の話ですが、基本的には2万年まえの氷河期から、今日に至るまでの過程を辿っているようなストーリーです。
 
相変わらず、どうやって撮影しているんだろうという映像が次々と出ています。
ただ、人類との関係を述べる以上、開墾、狩猟、戦争を外すわけに行かない。
 
でも、最後にこんな字幕がでてきます。
「本作品では動物に危害を加えていません」(うろ覚えですが)
ということは、映像に手を加えたと言うことですよね。
 
確かに、撮影した映像をそのまま上映することはないから、手を加えざるを得ないのですが、最後の字幕で、上映中に感じた違和感に合点がいきました。
 
確かに凄い映像でしたが、そろそろ食傷気味。
以前の「ディープ・ブルー」や「皇帝ペンギン」のような感動を再び味わいたいものです。
 
でも、リアルな動物の行動を見たければ、見応えのある作品だと思います。
 
 
 
ナレーションの人選は、ノーコメントでw

2015年9月28日 (月)

『生命大躍進展』と『大河原邦男展』(150917付)

いろいろと事情があって、ようやっと行ってきました。

 

まずは「生命大躍進展」in科学博物館

生命誕生から今日至るまでの、生物進化の流れを紹介する展示です。

00

カンブリア大爆発のスター「アノマロカリス」

これまで本体と思われていた付属肢を含む化石は見事でした。

03ちなみに、これが口と付属肢です。

05

 

それにしても「ピカイア(上)」や「ハルキゲニア(下)」をはじめとするバージェスモンスターは小さいんですねぇ。

01 02

 

こうして海中から陸上進出、そして哺乳類や人類の誕生をたどってきました。

 

あ、そうそう。

科博の常設館(地球館)が改装されて、ティラノサウルスはこんなんなりました。

04

 

―――

で、科博を出てくると強雨。

その中を移動して、上野の森美術館へ。

 

あのガンダムやダグラム、ボトムズなどをデザインしたメカニックデザイナー大河原邦男氏の特別展。

会場内は撮影禁止だったので、会場内の様子は無いのですが、ガンダム以前のゴーダムやヤッターマンなど懐かしい作品やら、お馴染みのガンダム。

そしてダグラムの準備稿やらボトムズの世界観など、見事なイラスト群でした。

 

ロボットだけで無く、グリコのおまけもデザインしていたんですね。

 

また、場内VTRではゼロからガンダムを描いて着色していくシーンがあって、カラーイラストも見事でした。

 

残念ながら限定品のダグラムプラモは売り切れでしたが、実に濃厚な展示会でした。

 

以前の「ガンダム展」(当ブログ記事)と併せて見ると、なお大河原邦男氏の凄さが実感されますね。

 

こちらは、代表的なメカニック勢揃いです。

Img_89030

2015年8月15日 (土)

『メガ恐竜展2015 巨大化の謎にせまる』

はい、今年も幕張に恐竜がやってきたので見てきました。

 

今回のテーマは「巨大化」

ディプロドクスやブラキオサウルスを始めとする「竜脚類」が巨大化した理由を紹介しています。

01_3

その中で目玉にしたのは「トゥリアサウルス」というスペインの巨大な竜脚類なんですが、なんと「半身のみ」

何だかなぁ。

 

折角、幕張メッセのような展示場でやるのだから、たくさんの竜脚類を一同に並べた展示をして欲しいものです。

(何年か前に、竜脚類5-6体を一同に並べて、上からも見られるようにしてくれたのもありましたから)

------

で、竜脚類がなぜあれだけ巨体になれたのか?というと、

1温血性

2鳥類型の呼吸器系

3たくさんの産卵

4咀嚼をしない

だそうです。

02_2

とくに「4咀嚼をしない」は、餌を良く噛まなくて良いから、頭が小さい。首が長いと効率の良い採餌ができる。身体がデカイと腸も長いので、咀嚼しなくてもほとんどが消化される。ということらしい。

確かにティラノサウルスは、頭がデカく、鋭い歯でかみ切って咀嚼していただろうし。哺乳類も上述の1以外は該当しないから、巨大化としてもゾウぐらいですよね。

(クジラの場合は4が該当するのと、重力の制限が少ないからね)

------

で、こいつがマメンキサウルス

03_2  

ディプロドクス・カーネギー

カーネギー博物館の実物を見てみたい。

04_2  

ティラノサウルス "スタン"

この子はお馴染みになりましたね。

05_2


------

今回の恐竜展、今までとの違いは、研究者からの子供たちへの呼びかけがあることかなぁ?

どうすれば恐竜学者になれるかを紹介していたけど、日本人研究者も登場するともっとよかったろうになぁ。

 

個人的には「ブロントサウルス」の復活がうれしいですね。

06_3

2015年7月18日 (土)

『アリのままでいたい』

いやぁ、こんな映画があるなんて知らなかったですよ。
最近、忙しかったのか映画見に行って無かったんですよね。
 
で、TVのCMか何かで知ったので、早速見てきました。
 
うん、撮影総監督 栗林慧氏の名前は聞いたことあります。
パンフによると、内視鏡手術用のカメラを改造したともあります。
だからもの凄い迫力です。
20150718180553523_2
あれだけ接写しても、昆虫の顔がピンぼけせず、もの凄くリアルでした。
昆虫同士のエサ場の争い、喰う喰われるの関係、種族繁栄、そして死…
昆虫標本を並べて展示するだけより、昆虫の生態を紹介するのに効果的な映像ばかりでした。
 
------
ただし、子供向けの作品なんでしょうね。
一昔前に流行った「昆虫バトル」みたいな紹介の仕方がされたり、「地獄のミサワ」のキャラが出てきたり…
 
ま、夏休み中の公開だから良いけど、ちょっと構成が雑だなぁ。
いきなりカブトムシのサナギのどアップから入りましたが、その次が唐突にカブトムシとスズメバチなどのエサ場の競争でした。
はじめに昆虫バトルを見せて、掴みはOKをしたかったんだろうけど。
 
地獄のキャラも唐突に登場してきたので、もう少し流れを作って欲しかったです。
後半は良かったけど。
 
あとは実質70分の映画で正規料金は高いなぁ。
------
午前中に日焼け止め塗って高校野球を観戦してきたんだが、映画鑑賞中に目がしみてしみてきつかった(>_<)ゞ

2015年3月16日 (月)

『大アマゾン展 開会式&内覧会』

仕事の関係で「大アマゾン展」の開会式&内覧会に行ってきました。

 
3/14土から始まる、その前日(13日の金曜日!)に行われたのですが、主催の国立科学博物館館長、共催のTBSの常務、文科省の大臣政務官、アマゾン流域のブラジルとペルー両国の大使、剥製標本の提供者、そして特別サポーターのさかなクン!
 
そうそうたるメンバーが壇上にあがり、TBSの女子アナさんの司会で開会式が行われました。
テープカットもこの開会式でやるんですね。
00dscf1056
で、壇上の皆さん→我々招待客の順で大アマゾン展会場へ。
------
 
入るなり、南米で発掘された翼竜や昆虫などの化石に始まりヤドクガエルなどの両生類、アナコンダやワニなどのハ虫類、南米の豊かな極彩色の鳥たち、ナマケモノやアリクイに始まる哺乳類、南米と言えばモルフォチョウなどなど。
 
01dscf1062アンハングエラの化石も横に3mぐらい?
 
04img_7491アナコンダの剥製と骨格標本
横からは全身が映らないほどデカイ!
 
05dscf1088極彩色豊かなコンゴウインコたちは鮮やか!
 
03img_7487受験のお守り ナマケモノ
木から「落ちない!」だってさ。
 
10img_7498モルフォチョウを横から見ると…
光っていない翅が本当の色です。
(右上はメスです)
 
さらにアマゾン河と言えば、ピンクイルカとも呼ばれるカワイルカ、ピラルクやピラニアといった多様な魚類の数々。
滅多にお目にかかれない巨大魚に圧倒されました。
 
07dscf1106カワイルカは映像も流れていました。
 
08img_7507大分離れないと全身が写りません
ピラルクはでかいなぁ
 
 
で、これだけだと、単なる剥製展示で終わってしまうのですが、さすが科博。
多様な菌類やアマゾン川の水草、そしてさかなクンが釣り上げて、生きたまま連れてきたピラニアなどの生展示なども見られます。
 
11img_7518さかなクンがつり上げたピラニアは、木の後ろにいたので撮れませんでした。
写真は他の種類のピラニアです。
ピラニアもたくさんの種類がいるんですね。
 
南米の部族のヒト達の民族衣装なども展示されていて、正しく大アマゾンでした。
09img_7512  
最後に上映される4K映像の大アマゾン!
この迫力映像は大スクリーンで、是非ご覧下さい。
 
ちなみに、さかなクンのアマゾン取材は3/25にTBS系で放映されるそうです。
 
 
会場には、さかなクン画の白衣やイラストも展示されていましたw
12img_7522

2014年9月29日 (月)

『太古の哺乳類展 ー日本の化石でたどる進化と絶滅−』

夏休み期間を挟んで国立博物館で開催中の特別展

 
日本の哺乳類の進化を中心にした展示でしたが、恐竜さんに比べるとインパクトに欠けるのか、平日だったからなのか、ガラガラでした。
 
おかげでのんびりと見学できたのですが、ちょっと物足りなかったですね。
------
これはハクサノバーターというネズミのような哺乳類の下顎と歯(円内)
あまりにも小さかったのですが、この化石がホロタイプ(タイプ標本)と呼ばれる、学術的に大変貴重な化石です。
01_2
この他にもホロタイプと呼ばれる化石が多数展示されていましたが、通常はレプリカ(複製)を展示するぐらい大切なので、たくさんのホロタイプが並ぶのは珍しいことでした。
 
こちらはパレオパラドキシアと呼ばれるカバのような哺乳類ですが、後ろの化石が般若標本という、水の中で仰向けで化石化した標本です。
02_2
 
何にも無い 何にも無い 全く 何にも無い
03_3ただ風が吹いてた〜
 
日本にもサイがいたんですね(ニッポンサイ)
04_2  
他にもトラやらオオジカやら、太古の日本にいた哺乳類たちが所狭しと展示されていました。
日本列島がどのように作られて、この哺乳類たちがどうやって日本に分布するようになったのか。
そんな我々のルーツを感じさせる展示でした。
 
------
こちらは常設展示されているアンモナイト。約1m!でかい!
発掘秘話が掲示されていたが、持ち上げるだけでなく、車で運ぶのも一苦労だったらしい。
05_2  
最近、科博は常設展の工事をしています。
もしこれから行かれる方は、ご注意下さい。
 
------
10時半ぐらいに入場して、特別展&常設展を見て14時
ちょっと遅めの昼飯を食ってからアキバの弓具店まで歩いて行く。
 
弓具店の手前に旧交通博物館の跡地があるのだが、当時の写真がモニュメントになっていた。
06  
で、隣の中央線の線路には旧万世橋駅があるのだが、ここも解放されている。
もちろん中央線内なので、普通の駅みたいに線路とホームの間にガラス張りなのだが、途中の階段も当時のままで、かろうじて残っていた当時のポスターも展示されている。
07_2 08 09
旧万世橋ホーム上に喫茶店が併設されているので、珈琲でも飲みながら一休みも宜しいのではないでしょうか?
 
------
こうして朝から色々と回ってみたのですが、体力の消耗を感じてしまった。
来年の夏までに鍛えなくては…

2014年8月17日 (日)

2014/8/13-15 長野の小諸に行ってきました。

行く前日にぎっくり腰のような状態になり最悪な体調でしたが、去年までの同僚だった大先生の新居に研修に行ってきました。

 
長野県小諸市の山中に建てられた一軒家
Dscf04001
その後ろは夏緑樹林帯で、沢も流れ、色々な山草も採集できる。
黄色いシャツの方が大先生。
 
大先生宅の前ではトマトやキュウリ、ナスなども栽培され、大先生は山草を採取しては料理し、地元の知人に配っているらしい。
 
Dscf04081
これは沢のそばでサンショウを採取している所です。
 
Dscf04021
さらにマーキングをしていない、野生のアサギマダラにも出会いました。
 
朝は山草などをおかずに、昼は地元のそば屋や鮎のフルコースに舌鼓をうち、夜はBBQなどと、楽しい一時でした。
 
残念なのは、雨が降ったり止んだりで天候が余り良くなかったこと。
そしてワタシの体調が最悪だったことですね。
 
次回は体調を万全にして行くぞ!
Dscf04121

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ