カテゴリー「FSS」の記事

2017年8月 9日 (水)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT9月号(2017) ネタバレ注意

今月号から新エピソード開始!
 
Act4-1 Traffics3 "Fatima Palsuet" Both 3035
 
そうです、トラフィックスの新エピソード
ヨーンとジークとパルスエットのお話しです。
 
これまで騎士として活躍している人達がメインでしたが、これからはヨーンのように駆け出しの騎士見習いの連中が次々と登場するんでしょうね。
 
------
今月号も過去の設定をなぞっていましたね。
エラルド島でお互いにかばい合った2人の少年の天位授与のシーン。
 
ここにエストと、久々のロードス公が登場してました。
 
------
それにしても、しばらくはヨーン君の愚痴やら後悔やらジメジメした話が続くのかな? 
 
今月は以上!
 
あ、そうだ、ランド・スキッパー(民間)の図説があった。
いわゆるキャンピングカー?みたいなやつね。

2017年7月10日 (月)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT8月号(2017) ネタバレ注意

Say MarkII 優しさが生きる答えならいいのにね
 
ということで33年ぶりの変形は、予想通りのマーク2でした。
 
------
今月号でツラック隊も終了。
というか、ツバンツヒのエピソード終了ですかね。
 
先月号に続いてツバンツヒの設定の拾い食い。
天照が卵焼きをおいしいと言ったから...
 
マーク2の顔のどアップが懐かしい
おでこのファティマルームの中でオーハイネがひええええ
 
だメェェェ 間に合わない〜っ!!
陛下 逃げて下さいぃぃぃ!!
ごほうび〜〜〜っ チュ〜−−
ビクン ヒクヒク
 
一生廃人!!
あのGTMもらった!!
 
な・・・何とムゴイ・・・
斬首以上の仕打ち・・・
 
見るでない!
武士の情けじゃ!
 
マスター幸せそう!
 
------ 
イカヅチ丸ってDrダイアモンドのGTMでなかったっけ?
でも群青のシュッツイエンも雷丸だし。
 
それにしても、フロート・テンプルの7つの塔がしゃべるなんてw
 
 
今月号のツラック隊・エピローグ2って、以前の単行本のタイトネイブの入団エピソードと似てるね。
タイトネイブが落ち込んでるところに登場する斑鳩。
ツバンツヒが落ち込んでるところに登場する天照。
 
ね?  

2017年6月25日 (日)

GOTHICMADE ゴチックメード 花の詩女 ドリパスリクエスト上映in船橋

2012年秋に初上映された作品。

永野護がFSSの長期休載を宣言してから映画制作をはじめ、7年の歳月をかけて発表した。
 
ウォーキャストと呼ばれる兵士と、謎の予言を授ける詩女と呼ばれる少女、そしてゴチックメード(GTM)といわれるロボットが登場する物語である。
 
FSSと関係ないと言っておきながら、上映されると実はFSSだったという事実。
 
さらに翌年春、連載復活したFSSは設定が一変され、登場したのはGTMだった!
(当サイト記事参照1) 
------
あれから5年、以降ソフト化されず、ドリパスでの上映しかされていない希有な作品となった。
 
ドリパスという、リクエストによって上映が決定されるというシステムで、何度かGTMは上映されていたが、なかなかタイミングが合わなかった。
 
今回、たまたま近所の船橋ららぽーとTOHOで開催されると聞いて、即座に登録。
そして無事上映の運びとなった。
 
仕事も溜まっているのだが、申し込んだ以上行かねばなるまい!!
と、無理矢理観覧してきた。
 
申し込んだ時点で良い席がなかったため、一番前のレフトサイド。
番号はB-4と何か曰くありそな座席でした。
 
実際にはもの凄く見づらい席なのですが、スクリーンが鮮明で、改めて永野護の色彩感覚に度肝を抜かれた。
 
TOHOのDOLBY SYSTEMが見事で、雨音やGTMの駆動音、そしてAFのシャリンシャリンが鮮明で、凄い音響であった。
 
しかも連載再開したFSSで明らかになっていくGTMや詩女暗殺計画、システムカリギュラ、ツバンツヒなどなど、いろいろな設定を元にして見ると、改めて感慨深い。
 
------
やはり、当分ソフト化はされないだろうから、ドリパスのような形で上映をリクエストするしかないのだろう。
 
それにしても、満員の映画館を見たのも久しぶりである。
Twitter上でも、同じ会場にいた皆さんのコメントが流れていたのが、嬉しく感じるイベントでした。
また船橋でやんないかな?

2017年6月 9日 (金)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT7月号(2017) ネタバレ注意

先月号の「ツァラトゥストラ・アプターブリンガー」ショックから覚めやらぬ今月号。
 
ミラージュ大奥軍団の存在が発覚しましたw
 
------
ツラック隊・エピローグ1
ということですが、晴れて?ミラージュ入りしたツバンツヒのJK生活です。
 
天照「あまりに今の社会を知らなすぎる(中略) 高校生からやり直しね」
 
さっそく遅刻してバケツもって立たされるツバンツヒに、グリース王立内宮高等学校の先輩である、若手ミラージュJKによるイジメが始まる。
 
って、凄い内容ですが、そこはFSS。
天照をめぐる女の戦いというギャグでした。
 
------
 
そういえば、フロートテンプルでのツバンツヒとルンとハインドの会話があるんですが、ハーマンって死んだことになってなかったっけ?
で、ハインド・キルって名乗ってたんじゃぁ?
 
ちなみにラキシスはバイズビズ(とエレーナ)を子分に爆買いしながらナカカラに向かっているとさ。
 
------
来月は33年越しの完全変形「あれ」が出まス
 
って、何?

2017年5月11日 (木)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT6月号(2017) ネタバレ超注意

キター!!

 
ついにあれがキター!!
 
もう、今回はネタバレ超注意です。
 
 
 
------
とりあえず、今月号でツラック隊は終わりです。
来月、再来月とエピローグが続いた所で単行本14巻。
休載無しで「トラフィックス3・パルスエット」突入。
 
もしかするとナカツ氏がバタンキューでお休みはあるかもしれないけど、作品集「クロス・ジャマー」も進行中だそうです。
 
 
それよりも、今月号はアレですよ、アレ!!
 
皆さん、この先はお気をつけ下さい。
そう、Newtype6月号を確保してから見て下さいね。
 
 
 
------
ベラ国攻防戦も終わり、魔道大戦も膠着状態に。
AP、コーラス、ミラージュが一堂に会し、ゆっくりとした時間が流れる。
 
その中で、支隊長ナルミに別れのメールを送るツバンツヒ。
去ろうとするツバンツヒの所に登場するソープ。
 
(ネタバレ注意)
 
 
 
 
「知りたいということが目的ならば好都合・・・・・・」
 
「もう遅い逃がさぬ」
 
「君は私と出会ってしまった・・・」
 
こうしてツバンツヒはミラージュ入りが決定。
 
そしてそこに表れるは「炎のイメージ」
 
さらに「フレームランチャー」!!
 
 
(ネタバレ注意)
 
 
 
 
 
 
そしてそしてさらに登場したのは
「スーパーロボット!!」
 
そう、それはGTMともロボーターとも呼ばれない。
 
特殊な形状のアンクル・クレーンと2本のチューン・ホーン
その背中にヘッドバック・ハロとベンダー・ウィグ
背面腰部のスタティック・ロングテール
 
その姿はまるで「すえぞう(セントリー・ライブの成体)」!!
 
うん、この姿は美しい!!
 
いやいやいやいや、この姿を見たらGTM最高!!
MH LED MIRAGEの最終版は確かにかっこよかった。
 
でも、このスーパーロボット、これがやりたくてGTMへ変更したんじゃなかろか。
よい意味で永野センセに裏切られました。
 
 
インフェルノ・ナパームの炎の中にたたずむスーパーロボット。
こりゃNT誌をたくさん買って並べたらライド・ギグ?ライド・ゲイズ?かなw
 
是非、NT誌を購入して下さいね。

2017年4月11日 (火)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT5月号(2017) ネタバレ注意

 
な・・・・・・なんという・・・(ガタガタガタ)
豆腐の角が
バランシェAFが一発であっぱらぱ〜
 
以上、AFヒュートランの秘密でした。
 
 
ということで、ヒュートランの秘密を暴露された令令謝&ナオは撤退。
バッハトマを始めとする枢軸軍も撤退するのでしたw
------
はい?
 
今月号はミラージュGTMの無双でした。
先月、華々しく登場したアイシャとF2フォクスライヒバイテ
カイダとブラフォードのハイファ・ブリンガー
さらにキュキイのグリット・ブリンガー
 
F2の異常なエンジン音でツインエンジンであることを見抜くツバンツヒ。
くだらぬ感情にまかせて超極秘のF2を持ち出したアイシャ。
限度を超え血の代償で償わせようとする天照と反対するラキシス。
 
そして、デムザンバラを守るべくF2に立ちはだかるハロ・ガロとナオ。
この時代では役立たずなはずの超帝国剣聖ナオの活躍?
 
と思ったら、私たちもう用済みです、と食べ歩きガイドを読み出すラキシス。
 
さらに令令謝に立ち向かうブラフォードのAF京。
ヒュートランの秘密に恐れおののく令令謝。
 
一体何が?
 
トーフコワイ・・・トーフコワイ
------
 
ということで、周りは何がなんだかわからないうちに、枢軸軍が撤退を開始する。
 
これほどの戦
与えてくれたこと感謝するぞナルミ支隊長!
見事なり!
 
え・・・?
 
------
ついにヒュートランの秘密が!!・・・・・・違いますね、次回エンディング!!・・・・・・え?
まだあるんでスか?(だってオールスター)
 
 
ってことはちゃあとヒュートランでも出てくるのか?
それともヨーン君?

2017年3月10日 (金)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT4月号(2017) ネタバレ注意

最新号は巻頭特集&ポスターですぜ。

 
で、NT誌の表紙はMirage F2 GTM フォクスライヒバイテ、遂に登場するF型ミラージュです。
本編にもアイシャ様が駆って見開き2ページで登場です。
 
フォクスは狐?ライヒバイテは射手?
 
他のGTMと異なり「閃1014型エンジン」搭載とのこと。
NT誌2014年4月号の表紙(当ブログ記事)にて、エンジンの紹介もありました。
 
2015型シングルエンジンはAアフォート、Fファンダウン、Gグリット、Hハイファ、Rルーガルの各ブリンガー用。
閃2014型ツインエンジンはaイーエ、Bツァラトウストラ、Dマグナパレス、Eティティン・エンパー、J型駆逐戦闘兵器用のエンジンで、2015型より圧倒的な出力を出すんだそうな。
 
そんな閃2014型を積んだフォクスライヒバイテが、あの武器とともに登場。
しかも顔面左右非対称!
 
そして○○の右腕を切断し、○○の中にいる××にバックラッシュで右腕骨折!!
うーん、スカッとするなぁ。
 
------
巻頭特集はフォクスライヒバイテ、ボレー&AFヌーリのデザインと設定。
そしてベラ国攻防戦クライマックスに向けて、戦況のおさらいであります。
 
ちなみにフォクスライヒバイテは、ベラ国攻防戦の勝敗を左右するらしい。
 
本編表紙はアイリーン姉御のデザインと設定。
ついでに先月号のナカツ氏の誤植の謝罪・訂正もありますw
 
------
本編では、ついにジイッドが動き出した!!
 
 つーーコトでおまたせしましたぁ!!
 
ジイッドはなんと...JUNO2989のときのラルゴのように、ベラ国ツラック隊支隊長ナルミに直接攻撃を仕向けてきた。
乱戦の隙をぬって、やることがセコいが、誰も気づいてない?
 
とっさに強制割り込みするファナことラキシス。
しかしAFがいる以上、同じ防御は二度とはできない。
 
再度ナルミに襲いかかるジイッド!!
 
そのとき飛んできたのはあの武器?まるでBoth2992のような登場シーン。
バル・バラ?でもガット・ブロウにも見えるし...
 
枢軸軍のカーバーゲンやボルドックスを蹴散らし、驚くジイッド!
 
アイシャが駆るフォクスライヒバイテ!!(だと思うんだけど)が剣を一閃!!
 
ジイッドが駆るデムザンバラが右手で受けるも、右手を切断されてジイッド自身にもバックラッシュで右腕ゴキッ
 
アイシャ曰く
 
 よく受けたなザコの分ザイで!!
 そこは誉めてやるが(以下略)
 
 とか思ったケドオオオオ!!
 そんな義務がどこにある!!
 
ちょと不機嫌そうなご様子でした。
------
ま、読みにくいと思いますけど、今月号の紹介でした。
 
しかし本編末のコメントは
 
ついにアイシャまでも参戦!これで終わる・・・・・・のか?(終わりません)
 
とあるので、ツラック隊の話はまだしばらくかかりそうだな。

2017年2月11日 (土)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT3月号(2017) ネタバレ注意

今月号の表紙はニキータ・恋・パルトラバーナー="オージェ"

どうやら彼女ら超帝国剣聖はドウター・チップで再生しているらしい。
 
ログナーだけじゃないんですね、ドウターって。
 
さらにスタント遊星攻防戦にて超帝国剣聖の力を取り戻して、”ツァラトウストラ・アプター・ブリンガー”に乗るらしい。
このときのツァラトラが最強だったらしい。
 
そんな人がいてもマキシは死ぬんだよね、スタント攻防戦で。
------
 
本編は、先月号でコーラス軍が参戦して、ますます乱戦に。
ジャマーと砂埃で何も見えず。
 
そんな所に新GTM出現。
一年前の表紙に登場した○○(当ブログ記事)、GTMアマルカルバリ カイリーダウンBl-2です。
ジュノーのピムカート公国のGTMだそうですが、騎士は元コーラスのトリオ騎士団長アイリーン・ジョルで、AFはバランシェファティマのパトラですって。
 
コーラス王妃エルメラの同級生で姉御肌なお方です。
ジュノー2989でコーラスIII世を守れずに、責任取って退団した人だそうな。
 
あの時、最終決戦間近のコーラス城での宴会にいたんだろうな。
トリオ騎士団の設定なんてほとんど無かったからねぇ。
------
 
そして最後に、ひとり何かに気づいて焦っているアイシャと、これだけ乱戦になっても動かない枢軸軍のジィッド。
そして敵が予想もしない全く別なジャマーコードを出そうとしているAFニナリス。
 
この先、何が起こるのか?
いよいよ"背徳のジィッド"が動き出す?
 
------
ワタシの予想は、伏兵がツラック隊基地を攻撃して、ミースとアウクソーを略奪。<44分間の奇跡に繋がる?
 
ちょっときな臭くなってきました。
 
 
 
------
追伸!
来月号は、表紙&巻頭特集だって!

2017年1月10日 (火)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT2月号(2017) ネタバレ注意

表紙はアサラム・スキーンズ="ザ・ディグツァイト"

カイエンの実の父ですね。
 
超帝国剣聖の説明がありますが、その中に「サタンの「アスタローテ」」なる名前が。
サタンですと?この設定は消えて無いのか。
 
作品集「Xross Jammer」で、剣聖の疑問やGTMの設定の訂正などがあるそうです。
(発売日についてのコメントなし、作者のポカをお許し下さい、とのこと)
 
------
いよいよ始まったGTM戦!
全軍で迎え撃つツラック隊に枢軸軍は余裕がある。
 
ツラック隊の消耗を目論むドラクーン(ナオ)とレンダウド(ミキータ・オージェ)。
レンダウドのスコーパーの力に反応して現れたイメージはコーラスIVとその守護者。
 
「ララファが体内に形成されつつある人物に近しい者がこの近くにいるからだ」
 
AFは互いにカウンター合戦。
少しずつ押されるツラック隊に回り込むウモスの一軍!
 
そして吹っ飛ぶ青騎士!?
 
「オレに続けェ!!」
「バカ!!セイレイ早すぎだっての!!」
 
あ、あなた方でしたか、近しい者は。
 
 
遂に登場コーラス軍!!と2騎のHL1(六代目四呂死苦)!!
 
そのセイレイ達のサポートに回るアイシャ達ミラージュ、そしてハイファ・ブリンガー?が登場。
 
------
次から次へと・・・・・・! 来月号も混戦必至!
 
とのことですけどね。
 
 
 
 
 そういえば、コーラスIVが騎士として働かなかったことが、その後の星団の動乱?混乱?を招いた、って設定があったけど、そこに繋がるのかな?

2016年12月11日 (日)

FIVE STAR STORIES ファイブスター物語 NT1月号(2017) ネタバレ注意

デザインズ6のタイトルは「XROSS JAMMER」に変更とのことです。

 
で、今月号は情報妨害戦(XROSS JAMMER)です。
ツラック隊はビルド、湖のオーハイネ(エニーホ)、ビューリー、スパルタ、虹姫+ミース
対する枢軸国はマドリガル、令令謝、ニナリス、ヴィルマー、そしてパシテア
 
様々なAFによる情報戦が始まる。
そしてツラック隊には、AP騎士団ジャグード隊ならびにスパチュラ隊が助勢する。
 
------
シュバイサー・ドラグーンの正体は「へたれ騎士」
軍師としては星団一ではないかと評価されているが、「ナイトキラー」だの「泰天位蹴り」はガマッシャーン国がでっち上げたもので、その実力はトホホな力しか出せない。
 
"この時代では"
 
ん?
 
ガマッシャーン側にもう1人、別の作品のキャラみたいな少女?騎士レンダウドが、パートナーのパシテアを連れて登場する。
 
「オイもお主もこの時代ではトホホな力しか出せんぜよ」
 
「今仲間で確認が取れるのは(中略)...マドラ・モイライ...つまり"プロミネンス"だけぜよ...」
 
んん?
 
ミキータ・オージェ?
超帝国ユニオのヘリオス剣聖騎士団?セブンソード(7剣聖)?
 
色々な剣聖の名前が出てくるが、唯一出てこないのがディオ・クルマルス?
まさか?!
 
なんだかここに来て、先の分からない展開になってきたっす。
 
------
MH LEDミラージュの"ライド・ギグ"、これは"ライド・ゲイズ"という名前に変更したっぽいです。
出前女のAF虹姫はAFチャンダナとおなじほよーん型だそうで。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ